話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

くすのきだんちの おとなりさん

くすのきだんちの おとなりさん

  • 絵本
作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月08日
ISBN: 9784564019098

体裁:27 × 22 cm 、32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

くすのきだんちの管理人、もぐらのもぐは、ある日裏庭で大きな靴をみつけました。
「ひゃあ! だれのくつでしょう?」
すると靴の中から、リリリリリ…♪と小さな声が聞こえてきます。

住民はかわるがわるおとなりさんを見にきます。
でも、おとなりさんはひとみしりで、なかなか靴の家から出てきません。

くすのきだんちの秋の夜の風景は、窓に灯りがともっていて、心がほっこり和みます。

ベストレビュー

お隣さんは人見知り

くすのきだんちシリーズ、秋バージョンです。
しかも、いつもの住人たちに加えて、お隣さん!
くすのきだんちの管理人、もぐらのもぐが見つけたのは、大きな靴。
その中に、こおろぎが2匹住み着いていたのですね。
でも、そのお隣さんは人見知り。
住人たちのつかず離れずの交流にほっこりです。
人見知りだけに、こおろぎの鳴き声が素敵な距離感に感じます。
そんな交流も、ある日終わりが来るのですが、
大きな靴がそこにあった理由とともに、ささやかな交流に似合ったフィナーレに安堵です。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。

武鹿 悦子さんのその他の作品

きらきらぼし / マーシャとくま / カリカリのぼうけん / くすのきだんちの ねむりいす / あおい むぎわらぼうし / くすのきだんちのおきゃくさん

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのりゅうぐうじょう / わんぱくだんのてんぐのすむやま / スペース合宿へようこそ / わんぱくだんのおにわのようせいたち / おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > くすのきだんちの おとなりさん

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

くすのきだんちの おとなりさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット