話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
きみがうちにくるまえ…

きみがうちにくるまえ…

  • 絵本
作: マリベス・ボルツ
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: 木坂 涼
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784751525098

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


デイヴィッド・ウォーカーさんにインタビューしました!

みどころ

「きみがうちにくるまえ、どうしてひとりぼっちでいたの?」
新しく家族の一員となった少年には、聞きたい事がいっぱいです。
どんな家にすんでいたの?
なんて呼ばれていたの?
ともだちはいたの・・・?
子犬を愛する少年にとっては、知りたくなるのは当たり前ですね。
でも、この子犬は、ひとりぼっちで路上にいるところを施設に「保護」された犬なのです。
いじめられたの?
それともまいごになっちゃったの?
この絵本は、同じ生命あるものとして自然体で心を通わせている少年と子犬の姿を通して、
「相手の痛みを想像できる」事の大切さ・・・と言うものも教えてくれているような気がします。
そのやりとりは、理屈でなく、読むものの心をあたためてくれます。
「もし犬が飼いたくなったら、ぜひ、保護された犬たちのいる施設へいってください」
深く受け止めたい、作者からのメッセージです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

きみがうちにくるまえ…

出版社からの紹介

君がうちにくる前、君には友だちがいたの?その子はクッキーをわけてくれた?保護された子犬と少年の心あたたまる絵本。

ベストレビュー

犬を家族の一員として迎えること

この本を読んで、「犬はペットショップで買うものじゃない」と思いました。
できれば保健所へ行って保護してあげるべきですね。

犬を家族の一員として迎え、家族と同じように愛情をそそぐこと。
当たり前のことかもしれませんが、それが出来ない人が多いという現実があります。

絵本に登場する一匹のわんこと男の子。ホンワカして愛情溢れるこの物語は、その裏側にある「犬が処分される」という現実を浮き立たせます。

一匹でも多くのわんこに幸せが訪れますように。
(パンナパンナさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリベス・ボルツさんのその他の作品

自転車がほしい! / きみが うちに くるまえ… / サッカーがだいすき! / もう、おねしょしないもん

デイヴィッド・ウォーカーさんのその他の作品

どうぶつたちのがっこうって? / きみがいないと / ハロウィーンくまちゃん / どうぶつたちのだいすきって? / おでかけ おでかけ / なにして あそぶ? (first imagination)

木坂 涼さんのその他の作品

くまのルイス / もしかして… / かいじゅうごっこ / いえがあるっていいね / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(5) シロクマ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(6) コチドリ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > きみがうちにくるまえ…

今月の新刊&オススメ絵本情報

きみがうちにくるまえ…

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット