新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年
ISBN: 9784652006160

A5 304ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ふしぎなキツネに導かれてなぞの少女を助け出したスキッパー。森に現れた太古の巨大な樹をめぐって神話と現実が交差しはじめる。

ベストレビュー

昔々の。。。

昔は日本にも「狐の嫁入り」なんて話もあったくらいですから、きつねもまた不思議な動物でもあるように思います。
そして、はじまりの樹の神話。
昔からの言い伝えや不思議な話、科学では解明できない何かってあるのかも知れませんね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

偕成社の新刊高学年向き読みもの 2020 / 図書館からの冒険 / AI・IoT・ビッグデータの法務最前線 / アチチの小鬼 / 新装版 星モグラサンジの伝説 / こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

こそあどの森の物語(6) はじまりの樹の神話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット