話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

岩波少年文庫 161 黒ねこの王子カーボネル

岩波少年文庫 161 黒ねこの王子カーボネル

  • 児童書
作: バーバラ・スレイ
訳: 山本 まつよ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥720 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784001141610

出版社からの紹介

10歳のロージーは、夏休みのはじめの日に買いものに出かけ、思いがけず魔女のほうきとネコを手に入れます。それは、ふしぎな冒険の幕開けでした……。心躍るファンタジーの秀作。

ベストレビュー

夏休みに読んでほしい1冊。

今の子どもたちは、夏休みをどんな風に過ごしているのでしょうか。(2020年の夏休みはどのお子さんにとっても大変な夏だったと思いますが)

このお話は1955年にイギリスで発表された物語です。
ですから、今とは夏休みの過ごし方も、町やお店の在り方も、お金の価値も違います。
(1985年の後書きで邦訳者の山本さんがすでに今(1985年)とは違います。と書いています)

夏休みにこの作品のような冒険が出来たら、家族で海外などに行くよりもっと楽しい思い出になりそうです。

秀作のファンタジー物語は、主人公の子どもたちが魔法や不思議な出来事に出会う流れがとても自然で、読みやすく、気がつくと主人公と一緒に冒険している気持ちになれます。
この物語もそうでした。
市場で出会った風変わりなおばあさん。
なかば無理矢理買わされた使い物になりそうにないほうき。
おまけに付けられた黒猫。

登場するものすべて個性的で、テンポよく綴られています。
25章で成り立っていますが、1章1章が長すぎずとても読みやすい量で書かれていました。
主人公のロージーと同じくらいの年齢、小学校中学年くらいのお子さんたちにぜひ手に取ってもらいたいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 まつよさんのその他の作品

ぼくはなにいろのネコ?


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 161 黒ねこの王子カーボネル

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

岩波少年文庫 161 黒ねこの王子カーボネル

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット