新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
木がずらり

木がずらり

作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784893095060

124×280mm 28P 経文折製本・ケース入り

出版社からの紹介

色とりどりの紙のコラージュで美しく描かれた、春夏秋冬にずらりとならぶ、14本の木。こんもり、びっしり、はらり......ツペラツペラの絵本処女作、読んで飾れるジャバラ絵本。待望の復刊です。

ベストレビュー

一目惚れしました!

ひとこと、言わせてください。

この本に一目惚れしました!

「木がずらり」は、
もともと、服や雑貨などを作っていた
tupera tuperaさんならではの、
芸術性の高い絵本です。

じゃばらタイプになっており、
ぱらりぱらりと
次から次へ、個性豊かな木があふれます。
裏返すと、それらの木が夜の装いに変わります。

四季を感じられるのも、魅力のひとつです。

読み聞かせはもちろん、
玄関やリビング、トイレなどに飾るのもいいと思います。
(ゆきぽんずさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


tupera tuperaさんのその他の作品

きゅうきゅうブーブー / なんで夜はこわいの? / なんでお母さんは けしょうをするの? / なんではだかは はずかしいの? / ふつうって どういうこと? / パパパネル



1月の新刊&オススメ絵本情報

木がずらり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット