虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
フィオーラとふこうのまじょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フィオーラとふこうのまじょ

  • 絵本
作・絵: たなか鮎子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「フィオーラとふこうのまじょ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年05月27日
ISBN: 9784061324688

読み聞かせ:5歳から

出版社からの紹介

運命は、じぶんの力できりひらくもの!
幸運の星をぬすまれたフィオーラは、不運つづき。でも、このままでは大好きな家族のもとへいつまでたっても帰れない……そう思って不幸の魔女に立ち向かいます。

■担当編集者の打ちあけ話
こちらは、イタリアの民話をもとに、たなか鮎子さんが絵本に仕立てたお話です。民話独特の不思議な雰囲気に、銅版画による幻想的な絵がぴったりマッチしています。この主人公のフィオーラは、家族思いで、不幸に暗いきもちになり、それでもがんばって幸運を勝ち取る。そんな現代的なスピリットが感じられます。子ども時代に読む魔女や魔物の話は、格別に印象深いものだと思いますが、このお話もそんな、子どもたちにとっての一冊となれますように。(J)

フィオーラとふこうのまじょ

ベストレビュー

幸せの魔女になってよかったです

妬み深い”不幸の魔女”が、フィオーラの”しあわせの星”を横取り

してしまったので、フィオーラは、不幸続きだったのです。

不幸の魔女が、見違えるように綺麗になって自分に自信がもてる

ようになって鏡に魅入ってしまう魔女の姿が微笑ましく思いました

生まれ変わって自分をすっかり気にいった魔女は、お城を沢山

の花で飾り、「しあわせにまじょ」と呼ばれるようになったのが一番

よかったです。これからはフィオーラのような犠牲者が、もうあら

われないと思うから本当によかったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たなか鮎子さんのその他の作品

ルナのたまごさがし / クリスマスマーケットのふしぎなよる / はだかのおうさま / うらしまたろう / マルーシカと 12の月 / 針つくりの花むこさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > フィオーラとふこうのまじょ

『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

フィオーラとふこうのまじょ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット