新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
シノダ! (7) 消えた白ギツネを追え

シノダ! (7) 消えた白ギツネを追え

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784036440702

小学5・6年生から
20×14cm 266ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

信田家にやってきたお客様、九尾婦人のたのみで白ギツネをさがすことになったユイとタクミは、雲にのって夜の町に飛びだした。

ベストレビュー

いとしい毎日

あの九尾ギツネの子孫だがら、ずるがしこく、心がねじまがった人だと思ったら、やさしく、絶世の美女でもなかったので、おどろきました。九尾婦人は、手品しのように次々と家具を出していくので、やっぱりただものでは、ないなと思いました。どろぼうした女王様も1歩も外へ出してもらえないなんて、かわいそうだと思います。はなやかなおもてぶたいに出るよりも、お父さんやお母さんといっしょにくらした方が幸せだと思いました。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > > シノダ! (7) 消えた白ギツネを追え

2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

シノダ! (7) 消えた白ギツネを追え

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット