しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
まちねずみジョニーのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まちねずみジョニーのおはなし

  • 絵本
作・絵: ビアトリクス・ポター
訳: いしい ももこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

※こちらは、2019年11月に装丁がリニューアルされた新版となります

作品情報

発行日: 2019年11月
ISBN: 9784834084887

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いなかねずみのチミ−は、ある日馬車といっしょに町に着き、町ねずみのジョニーたちと仲良くなります。町のくらしになじめず、食べ物もあわずにやせてしまって、いなかに帰ったチミ−を訪ねて、こんどはジョニーがいなかにやってきます。でもすぐに町に帰ったジョニー。すきな場所はひとそれぞれです。ちなみに作者のポターは断然いなかのほうがすきでした。

ベストレビュー

町と田舎の対比がおもしろい

絵本にしては長編ですが、ビアトリクス・ポターの良さがよく出ている絵本だと思います。 絵がリアルなので、イギリスの町の様子と田舎の様子がよく分かります。 ねずみの視点で見ているのも面白いです。
それから、絵本にしては珍しく、最後に作者の意見が書かれています(私は都会よりも静かな田舎のほうが好きです、だそうです)。作文じゃないんだから自分の意見を最後に明記するのはどうかとは思いましたが、まぁ、イギリスの田園風景の魅力を見事に描いたことに免じて許しましょう(笑)。
(ケンとハンさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビアトリクス・ポターさんのその他の作品

ピーターのハッピーイースター! / ずるいねこのおはなし / パイがふたつあったおはなし / セシリ・パセリのわらべうた / こぶたのロビンソンのおはなし / アプリイ・ダプリイのわらべうた

いしい ももこさんのその他の作品

ベンジャミン バニーのおはなし / ピーターラビットのおはなし / モペットちゃんのおはなし / フロプシーのこどもたち  / こねこのトムのおはなし / ティギーおばさんのおはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > まちねずみジョニーのおはなし

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

まちねずみジョニーのおはなし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット