季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者

トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者

  • 児童書
作: クリス・プリーストリー
訳: 堀川 志野舞
絵: 佐竹 美保
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,628

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2011年11月30日
ISBN: 9784591126448

出版社からの紹介

フリート街の印刷工房で働く少年トム・マーロウは、奇妙な連続殺人事件のうわさを耳にする。被害者の体は、矢で射抜かれ、現場には一枚のカードがのこされていたという。そう、矢をにぎって狙いを定める死神が描かれた、不気味なカードが・・・。事件の真相にせまるトムに、恐ろしい影がしのびよる!

ベストレビュー

18世紀のロンドンが舞台の謎解き

幻想的なイギリスらしい怖い話のシリーズ「モンタギューおじさんの怖い話」の作者、クリス・プリーストリーの新しいシリーズ。
「トム・マーロウの奇妙な事件簿」第1巻です。
時は18世紀、舞台はロンドンの町。印刷工場をしている父の手伝いをしているトム・マーロウは15歳の少年。
前シリーズの「モンタギューおじさん…」は児童文学のジャンルに入ると思いますが、こちら「トム・マーロウ」シリーズはライトノベルに近いジャンルの作品です。
本の装丁などからも、今の10代の少年処女たちが手に取りやすそうです。
日本版のイラストは佐竹美保さんです。

街で起きた不思議な事件の三人目の被害者は、トム・マーロウの親友=ウィル・ピコットだった。
すりだったウィルが巻き込まれれ、殺されてしまった真相を探るため、トム・マーロウは父の工場によく印刷物を頼む博学のハーカー博士とともに謎に挑んでいくというストーリー。
本書は21章でなっていて、1章1章は短く簡潔で読みやすい文章です。
ミステリの謎解き要素はあるものの、そこだけに重きを置かず、町全体の風景、その時代でこその歴史的な情景などがさりげなくちりばめてあるところは、クリス・プリーストリーらしさが出ています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリス・プリーストリーさんのその他の作品

トム・マーロウの奇妙な事件簿(全3巻) / ホートン・ミア館の怖い話 / トム・マーロウの奇妙な事件簿(3) 呪いの訪問者 / トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者 / トンネルに消えた女の怖い話 / 船乗りサッカレーの怖い話

堀川 志野舞さんのその他の作品

ロックダウン / ウィリアム・ウェントン(3) ピラミッドの暗号 / ハリー・ポッター魔法同盟 公式ゲームガイド / ニュート・スキャマンダーシネマ・ピクチャーガイド / ホグワーツ魔法魔術学校シネマ・ピクチャーガイド / アルバス・ダンブルドアシネマ・ピクチャーガイド

佐竹 美保さんのその他の作品

静山社ペガサス文庫 十二夜 / 静山社ペガサス文庫 ロミオとジュリエット / 静山社ペガサス文庫 ハムレット / ふしぎな魔法のお店の物語 〔児童版〕十年屋 6冊セット / ワンちゃんパンちゃん論語日記 / 十年屋(5) ひまな時もございます


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者

4月の新刊&オススメ絵本情報

トム・マーロウの奇妙な事件簿(1) 死神の追跡者

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット