話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

おいで、アラスカ!

おいで、アラスカ!

  • 児童書
作: アンナ・ウォルツ
訳: 野坂 悦子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年03月23日
ISBN: 9784577048405

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
200mm×140mm 260ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ編 後編

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

思いがけない難しい問題

てんかんの少年の介助犬になった犬のアラスカを奪還したいパーケル。

てんかんを容認できず、かわいそうな少年と見られることに抗うスフェン。

二人の気持ちが交互に描かれる。読み始めた時には、あまりにひねくれたスフェンの気持ちにには寄り添えず、パーケルに同情の気持ちが起こった。

てんかんという病気の理解ということもだが、読み進めていくと犯罪目撃者の心の傷や、SNSの問題など思いがけない難しい問題も盛り込まれていた。

突然に困難が降りかかり身動きが取れなくなるというこの感じ、どこかで読んだことがあると思い、作者を確認したら『100時間の夜』のアンナ・ウォルツだった。

難解さはあるが、読み終えた後、登場人物たちと一緒に問題と取り組んできたという満足感がある作品。

課題図書に選ばれたこともあり、じっくり読み込んで向き合いたい一冊である。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子19歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
2,310円
1,320円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
385円
880円
594円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

おいで、アラスカ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら