新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ねことコップ

ねことコップ

  • 絵本
作・絵: 高橋 徹
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月
ISBN: 9784790254164

縦263mm 横213mm 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ねこがミルクを飲んでいると、突然コップが言います。

「おれはおまえのとうさんだ」

これには、ねこもびっくり。思わずコップを落としそうになります。でも、続けてコップは言うのです。

「さあ、なにして遊ぶ?」

こんなこと言われたら、誰だって驚きますよね。だけど、コップのとうさんは本当に遊んでくれます。かけっこから始まり、凧あげやサイクリングをし、山の頂上で気持ちのいい風に吹かれながら、ねこは小さい頃を思い出すのです……。

「コップのとうさん」、なんて不思議なひびきでしょう。ねこを外に連れ出したり、ジュースやココアを飲ませたり、ちゅうがえりを教えたり。ほんの一時の出来事、だけどなんだか二人とも嬉しそう。まるで一枚の絵画の様な、温もりのある風景に包まれて、ねことコップの忘れられない時間を描きます。

こんなに身近にあるものが、自分の心を満たしてくれるかもしれない。少し嬉しい気持ちにしてくれる1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ねこがミルクをのんでいると、とつぜんコップがしゃべりだしました。「おれはおまえのとうさんだ」。ねこはびっくりして思わずコップを落としそうになります。でも、コップのとうさんと楽しく遊んでいるうちにいろんなことを思い出して…。

ベストレビュー

ねこととうさん

ねこがコップでミルクを飲んでいると、
「おれはおまえのとうさんだ」
と、いきなりコップが喋り出すという、不思議な始まりをします。
コップがねこのとうさんって??て感じなのですが、とうさんと名乗るコップは、いっしょにあそぼうと誘います。
そのうち、ねこは、こんな風に昔とうさんと遊んだことを思い出します。
おとうさんは亡くなっている、ということなのかな。最後は、何だか少し切なくなりました。
とても素敵なお話なんですが、お父さんが、こねこのことを、ずっと、「ねこ」と呼んでいたことが気になりました。そこは名前で呼んでほしかったなぁ。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,430円
1,430円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
275円
440円
550円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ねことコップ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら