新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ベーロチカとタマーロチカのおはなし

ベーロチカとタマーロチカのおはなし

  • 児童書
著: L・パンテレーエフ
絵: 浜田洋子
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※レビューの一部は、1996年03月25日初版の『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』につけられたものですが、2024年4月刊のこちらの『ベーロチカとタマーロチカのおはなし』に転載させていただいております。

作品情報

発行日: 2024年04月03日
ISBN: 9784834013672

出版社のおすすめ年齢:6・7・8・9歳〜
判型:216×153mm ページ数:112ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

あるおかあさんのところに、ふたりの女の子がいました。小さな女の子は、べーロチカ、ちょっと大きな女の子は、タマーロチカといいました。ふたりとも、いたずら好きで、おかあさんのいうことをちっともききませんでした。海へいっても、森へでかけても、おるすばんをしてたって、ふたりがそろえば、いつも騒動がもちあがります。おかあさんにしかられても、「あした」になれば平気です。楽しいロシアの幼年童話集です。

ベストレビュー

やんちゃな女の子たち

この本も名古屋市立図書館のおすすめ幼年童話70にありました。

女の子のお話だし、息子にはどうかな?と思ったら、女の子でもこの子たちは、お母さんの言うことを聞かないやんちゃな女の子たち。

海で泳がない約束をしても勝手に入ってしまうし、きのことりに行けばおかあさんとはぐれるし。

いいのかな?と思うことばかりしているのでハラハラしました。

極めつけは、おかあさんの留守中にテーブルクロスにしみをつけてしまうし、詳しく書けませんが、その後もドタバタしています。

これっておさるのジョージに似てなくもないと思いませんか。

そんな女の子たちのやんちゃぶりに大いに共感するところがあったのでしょう。

息子も楽しく読んでいました。

この子たちのおかあさんはいかにも大変そうと思うのですが、子どもたちへの優しい対応が心に残りました。

読んだ後、おかあさんっていいなと思いました。このおかあさんは素敵だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
748円
770円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

825円
429円
1,650円
1,430円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ベーロチカとタマーロチカのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら