新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
あるひうちゅうで

あるひうちゅうで

作・絵: きたむら さとし
出版社: 佑学社

税込価格: ¥1,282

「あるひうちゅうで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年1月
ISBN: 9784841602500

ベストレビュー

ある意味斬新。

きたむらさんの絵本は、全部大好きな息子(小2)です。
この本は5歳くらいから何度か読んでいたのですが、
最近、息子が大変な読み違いをしていたことがわかりました。

この本は、宇宙人の目線で書かれていて、
冒頭、地球(だと思われる惑星)にやってきます。
少年に出会い、一緒に遊び、友達になります。
最後は少年を宇宙船に乗せてあげ、家まで送ってあげます。

読み終わった息子は、
「宇宙人って人間と同じ見た目だったんだね」
と言うのです。
絵の少年が宇宙人だと思ったのですね。
よく考えたら、主人公(語り手である宇宙人)の顔が登場しない絵本というのは初めてでした。
ある意味斬新。
息子の理解を超えていたようです。

宇宙人の目線で書かれている、という説明が必要でした。
その後もう一度読み直し、
「宇宙人ってどういう見た目なんだろうね」
というので、どうやら理解できたようです。

しかし、息子、たくさんの本を読んできて、理解力はあると思っていたんだが。
小さいお子さんに読まれるときは、一言、説明が必要かもしれません。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

あるひうちゅうで

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら