新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま

  • 児童書
監修: 松尾 恒一
序文: 京極夏彦
絵: 宮嶋 友美
出版社: ミネルヴァ書房

税込価格: ¥3,080

「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784623064687

32ページ

出版社からの紹介

おいなりさま、すみよしさま、あまてらすなど、自然をつかさどり人間のくらしを守ってくれる神さまたちを紹介

ベストレビュー

日本の神について学ぶ

「みたい!しりたい!しらべたい! 日本の神さま絵図鑑」第3巻。
今作のテーマは人間の生活に関わる神々です。

序文は京極夏彦筆の「神さまって何だろう」。妖怪について造詣が深いことで知られる氏の解説は子供向けながら非常に論理的です。キリスト教、イスラム教、北欧神話、ヒンドゥー教、道教などの世界の宗教と神々を紹介したのちに、本作で主に描かれる神道の神々について説明します。語り口は柔らかいですが、ポイントを外しません。大人も勉強になります。
京極夏彦の序文目当てで読んだ自分としては満足できました。

本文は宮嶋友美のキュートなイラストとともに神道の神々を紹介していきます。「田んぼにまつわる神さま」、「水にまつわる神さま」、「山にまつわる神さま」、「海にまつわる神さま」、「空にまつわる神さま」、「日本をつくった神さま」のテーマに沿って、各章毎に6〜3柱の神々を解説します。解説や性格だけではなく、別名も明記しているのが良いですね。書物によって神の名前が変わる場合があるので、この本のように神々の名前をまとめていると非常に分かりやすいです。
絵はシンプルな線と色使いで可愛らしい。老人の姿の神ですらカワイイです。いい意味でくせがありました。特に〈さほひめ〉、〈たまよりびめ〉が好きです。男神ならば〈つくよみ〉が美形でした。

頁数が少ないですが、充実した内容でした。神に興味が無い方にもオススメの一冊です。
(牡丹燈篭さん 10代以下・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
1,540円
968円
770円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

32,450円
264円
2,860円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら