まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」 牡丹燈篭さんの声

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま 監修:松尾 恒一
序文:京極夏彦
絵:宮嶋 友美
出版社:ミネルヴァ書房
本体価格:\2,800+税
発行日:2012年12月
ISBN:9784623064687
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,130
みんなの声 総数 3
「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本の神について学ぶ

    「みたい!しりたい!しらべたい! 日本の神さま絵図鑑」第3巻。
    今作のテーマは人間の生活に関わる神々です。

    序文は京極夏彦筆の「神さまって何だろう」。妖怪について造詣が深いことで知られる氏の解説は子供向けながら非常に論理的です。キリスト教、イスラム教、北欧神話、ヒンドゥー教、道教などの世界の宗教と神々を紹介したのちに、本作で主に描かれる神道の神々について説明します。語り口は柔らかいですが、ポイントを外しません。大人も勉強になります。
    京極夏彦の序文目当てで読んだ自分としては満足できました。

    本文は宮嶋友美のキュートなイラストとともに神道の神々を紹介していきます。「田んぼにまつわる神さま」、「水にまつわる神さま」、「山にまつわる神さま」、「海にまつわる神さま」、「空にまつわる神さま」、「日本をつくった神さま」のテーマに沿って、各章毎に6〜3柱の神々を解説します。解説や性格だけではなく、別名も明記しているのが良いですね。書物によって神の名前が変わる場合があるので、この本のように神々の名前をまとめていると非常に分かりやすいです。
    絵はシンプルな線と色使いで可愛らしい。老人の姿の神ですらカワイイです。いい意味でくせがありました。特に〈さほひめ〉、〈たまよりびめ〉が好きです。男神ならば〈つくよみ〉が美形でした。

    頁数が少ないですが、充実した内容でした。神に興味が無い方にもオススメの一冊です。

    投稿日:2013/08/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」のみんなの声を見る

「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット