宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科 フィリピン(ココヤシ料理)メキシコ(タコス)」 みんなの声

国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科 フィリピン(ココヤシ料理)メキシコ(タコス) 監修:谷川 彰英
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\2,600+税
ISBN:9784591063422
評価スコア 4
評価ランキング 27,363
みんなの声 総数 1
「国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科 フィリピン(ココヤシ料理)メキシコ(タコス)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ココヤシは捨てるところがない、有用な植物。また、様々なお馴染みの野菜の原産国がメキシコ。日本からの移民が暮らした…知らないことが多くて、驚いた。ココナッツやタコスなどが身近に感じられるので、なんとなく相手の国の事も知っているような気がしてしまっていた。勝手に親戚のような気分になっていて、ごめんなさい。
    最近、フィリピンの祭りや、フィリピン人との交流があるので、とても勉強になった。特に、食べ物の話は、なにはともあれ盛り上がるので、お料理も是非とも作ってみて感想を伝えてみたいと思う。メキシコ人とも交流したい気持ちは満々だが、まだそのチャンスが訪れていない。お待ちしております。

    子ども向けの、優しく書かれた本で、写真も多いので、年齢問わず、いろんな人が国際理解に役立てると思う。文化、歴史、料理レシピ、その国の人からの手紙(直筆!)と、盛りだくさんのお子様ランチ的な地理の本。大人向けにもこういう楽しい本を作って欲しい。

    投稿日:2018/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット