わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

地球の病気」 みんなの声

地球の病気 詩:藤田 圭雄
絵:渡辺 三郎
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784337247666
評価スコア 4
評価ランキング 27,492
みんなの声 総数 1
「地球の病気」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「地球の病気」はすごい詩でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    『現代日本童謡詩』というシリーズから刊行された藤田圭雄さんの詩集です。タイトルの「地球の病気」と19番目に紹介されている「早口ことばのうた」には曲がついていて、童謡になっています。

    私はこの詩集を読むまで、藤田さんの「地球の病気」を実は知らなかったのですが、この詩は本当にすごかったです。(詩を読む限り童謡にして大丈夫なの?とも思ってしまいました)

     「地球の病気」
     あんよで地面をたたきましょ 地球が病気だ くるしそう
     トントントン トンストトン
     
     まいにち すこうし あつすぎる おねつがあるのじゃないかしら
     トントントン トンストトン

     雨の日まいにちつづきます おなかがわるいのかもしれぬ
     トントントン トンストトン

     きのうもゆらゆら地震です むしでもいるのか 盲腸か
     トントントン トンストトン

     どこかで もくもく きのこ雲 心臓破裂か 癌でしょうか
     トントントン トンストトン

     あんよで地面をたたきましょ ぼくらは子どものお医者さん
     トントントン トンストトン

    この詩集が刊行されたのは2002年です。
    この詩よりも後にスマトラ島沖や中国、日本などで大地震が起きています。
    ここに描かれている「きのこ雲」は日本に落とされた原爆のこともあるとは思いますが、チェルノブイリの原発事故も思い起こされます。

    かわいらしい言葉とリズムで紡がれている詩ですが、
    よく考えると、作者の大きな想いが受けとめられます。

    ただ、この詩集にはこうした重めのものだけでなく、四季を感じさせてくれる優しく穏やかな詩や、「早口ことばのうた」を含めた楽しいものをたくさん載っていました。
    たまには学校のクラスや家族で、こうしてじっくり時と向き合う時間を取ってみてはいかがでしょうか?

    投稿日:2016/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット