話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

やぎのびりいとふとったなかまたち」 みんなの声

やぎのびりいとふとったなかまたち 作・絵:ナニー・ホグロギアン
訳:金井直
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\939
発行日:1981年03月
ISBN:9784579402502
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,249
みんなの声 総数 2
「やぎのびりいとふとったなかまたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分たちの家

    やぎのびりいやぶたや、太った動物たちには共通点がありました。
    飼い主が、太らせた上で食べようとしていたのです。
    次々と逃げ出して、自分たちの家を作ろうという発想は、「ブレーメンの音楽隊」のパロディにも思えます。
    団結して家を建てた仲間たちの強さには驚かされました。
    オオカミまで撃退して、始めた生活に応援したいと思いました。

    投稿日:2020/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブレーメンの音楽隊みたい

    図書館でたまたま息子の目に留まり、借りて読みました。

    やぎのびりいは毎日ご主人から食べ切れないほどのえさをもらって、食べては遊び、食べては眠る生活をしていましたが、ある日、ご主人夫妻が「そろそろびりいを食べてもよくなったね」と話しているのを聞いてあわてて逃げ出します。そして道中、びりいと同じように太らされている豚、がちょう、おんどり、子羊に出会い、皆で一緒になって森の中に新天地を求めます。森で5匹は家を建てますが、森には狼がいました。狼は家にやってきますが、5匹が協力して追い払います。

    ブレーメンの音楽隊の別バージョンのようなお話です。

    5匹との出会いの場面が繰り返される部分が3歳の息子にはちょっと退屈だったようですが、牧畜世界の田舎暮らしが伝わってくる楽しいお話でした。

    投稿日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。


愛を伝える絵本 レビューコンテスト

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット