いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ぼくはだれもいない世界の果てで 」 モモ太郎さんの声

ぼくはだれもいない世界の果てで 作:M.T.アンダーソン
絵:ケビン・ホークス
訳:柳田邦男
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784097261513
評価スコア 4
評価ランキング 22,162
みんなの声 総数 12
「ぼくはだれもいない世界の果てで 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 自然とあそぶ 自然を守る

    • モモ太郎さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子7歳、女の子6歳、男の子5歳

     誰もいない森の中でひとりきりで暮らしていた少年。
    大自然の中で、たった一人。

     この物語の設定にはじめ驚かされた。
    人間って一人では生きていけないよですよね。
    孤独も寂しさもなく、ただ大自然の中に暮らすすばらしさが描かれてる。

     しかしこの「世界のはて」という立地に目をつけた者によるレジャー開発で、次々と自然が壊され、快楽の地へと変貌していく森。
    少年も初めて友人が出来、共に遊んで暮らしていくが・・・

     有名な絵本「ちいさいおうち」の現代バージョン、というのが第一印象。
    話の内容から、かなり今現在に近いのでは?って思ってみたら、やはり2006年秋の出版。 納得。

     ラストはまた少年が安住の地を見つけるのですが、あれだけ楽しい思いをしてから、またひとりで暮らせるのだろうか?と少し疑問に思いました。

     かなり長く淡々としているので、子供には難しかったようで、あまり興味を示しませんでした。
     どちらかというと哲学的で、大人向けの絵本です。

    投稿日:2007/07/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくはだれもいない世界の果てで 」のみんなの声を見る

「ぼくはだれもいない世界の果てで 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが / くっついた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(12人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット