まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」 かわゆいゆいさんの声

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石 作:J.K.ローリング
訳:松岡佑子
出版社:静山社 静山社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784915512377
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,342
みんなの声 総数 8
「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 映画から入ってもよいかも

    私は、この「賢者の石」の日本語版が発売され
    ハリーポッター旋風が吹き荒れている頃この本を一度は
    手に取りましたが、作者ローリングさんのハリーを取り巻く
    細かな状況を読んで、なかなか魔法学校に行く気配を
    感じずさっさと読むのを諦めてしまった大人です。

    その後この1作目を読むまで5年近くかかったのを覚えています。
    一度読み始めてしまえば、人間の世界育ちの不遇の少年が
    めくるめく魔法の世界で、友人をつくり、自分の運命に遭遇し
    たくましく成長していく物語にグイグイ引き込まれあっという間に
    「次の作品!次の作品が読みたい!!!!」と作品を読んでは
    映画を見てを繰り返しては最後まで読み終えました。

    9歳の娘は映画を見る前にこの本を手に取りました。
    私がハマっていた姿を見ていたせいか?むさぼるように
    読み始め楽しんで読んでいます。
    クラスのお友達は映画だけ見ている子も沢山いるようですが、
    それもこの世界に入るのにはよいきっかけになるのではないでしょうか。

    幼いハリーが、魔法学校に入るために魔法界の銀行や
    お店に行ったり、魔法の学校、魔法使いたちのスポーツに
    触れ、その世界にどっぷりつかりわくわくハラハラすること
    請け合いです。是非最初の数章を一気に読むことを
    お勧めします。

    投稿日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」のみんなの声を見る

「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / どうぞのいす / いないいないばああそび / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット