もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

とうさんまいご」 ジュンイチさんの声

とうさんまいご 作:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784033380209
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,141
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く
  • パパに読み聞かせして欲しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    五味太郎さんのしかけ絵本。
    1983年2月「きいろいのはちょうちょ」、7月「とうさんまいご」、11月「まどからのおくりもの」の三部作の丁度まん中の作品です。
    「まどからのおくりもの」が何と言っても、最高傑作の一つと言える出来栄えですが、この「とうさんまいご」も負けず劣らずの傑作しかけ絵本です。

    出だしからして最高です。
    「ぼくが おもちゃを
     けんきゅうしているうち・・・・・・
     いつのまにか
     とうさんまいご・・・・・・」
    この文章だけで、子供の心は鷲掴みのはず。

    それから、ぼくの「迷子のとうさん探し」が始まります。
    一寸見え隠れするとうさんの背広、帽子、ネクタイ、靴等を見て、とうさんだと思って、しかけをめくると、全くの別人。
    その見せ方が、五味さんならではの着想で、思わず唸ってしまいます。
    最後のページのしかけは、何と文章。
    子供には直ぐには分からないかも知れませんが、素晴らしいしかけです。

    とうさんと言うには、一寸老けているかと思ったのですが、その恰好は27年前という時代背景からとも言えそうです。
    記憶を辿ると、私の父も帽子は好きでしたが、今はそれ程帽子を被っている人を見かけなくなった感があります。
    おもちゃは巨大だし、タイプライターなんて売っているのですから、時の経過を感じます。
    それでも、このしかけの楽しさは、永遠のもの。
    背景の絵は、気になりません。

    それにしても、とうさんまいごというネーミングには参りました。
    私も、気を抜くと、ママと子供達からはぐれてしまいそうになることがあります。
    世のパパで、このフレーズにドキっとした人も多いのではないでしょうか?
    パパは、子供のことより、自分のことと言われそうな、そんな題名に身の引き締まる思いがしたパパも必ずいるはずだと思います。

    是非、パパに読み聞かせして欲しい作品の一つです。
    親子ともども、楽しめると思います。

    投稿日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とうさんまいご」のみんなの声を見る

「とうさんまいご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おばけかぞくのいちにち / でんしゃ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット