話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他
新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

忘れ川をこえた子どもたち」 まことあつさんの声

忘れ川をこえた子どもたち 作:マリア・グリーペ
訳:大久保貞子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784572004369
評価スコア 4
評価ランキング 28,671
みんなの声 総数 1
「忘れ川をこえた子どもたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • どきどき

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    国際アンデルセン賞を受賞されている作家で
    「夜のパパ」を読み、面白く、
    この本もよくお勧めされていたので読んでみました。

    最初は、古典的な文章だったので
    入りにくかったのですが、
    母親のソフィアが「こどもなんてじゃまなだけ」と言ってしまい、
    そこから占いで子どもがいなくなるなんて言われ、
    こどもはどうなるの?
    と不安で一気に世界に入り読みました。

    正直、ソフィアの気持ちもわかるときもあり、
    でも、連れ去られた子どもたちのひどい環境に
    早くだれか助けてあげてとどきどきしながら読みました。

    投稿日:2018/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「忘れ川をこえた子どもたち」のみんなの声を見る

「忘れ川をこえた子どもたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット