宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくが一番望むこと」 どくだみ茶さんの声

ぼくが一番望むこと 文:マリー・ブラッドビー
絵:クリス・K・スーンピート
訳:斉藤 規
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月23日
ISBN:9784406053341
評価スコア 4.87
評価ランキング 39
みんなの声 総数 14
「ぼくが一番望むこと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 読むこと、書くこと

     生まれたときから絵本にふれて、
    ものごごろついたころには、文字をよむことができる
    私たちには、なかなか想像できないことです。
     おなかをすかせても、本が読みたい、なんて。

     奴隷から解放されただけではいけない、
    文字が読めなければ、という、
    人間としての尊厳を求める
    底力に感動しました。

     陰影の効いたリアルな絵に、ひきこまれます。
    文字を読み、書けることの喜びが、伝わってきました。

    投稿日:2011/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくが一番望むこと」のみんなの声を見る

「ぼくが一番望むこと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット