もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

たいせつなこと」 夏の雨さんの声

たいせつなこと 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:うちだ ややこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784577022887
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,618
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く
  • 親にとっての大切なこと 

     児童虐待のニュースを目にするたびに暗澹たる思いになります。
     特に自分の子供に対する虐待は、何故という疑問とともに、虐待する側の親たちはどんな幼年期を過ごしてきたのだろうかとも思います。
     本来親は子供に生きる知恵を授けなければいけないのです。
     だって、子供は生まれてすぐにこの世界で生きていくことはできません。
     そういうことを教えることが親の役目だと思います。
     親にとっての大切なこと。
     この絵本を読みながら、読み終わって、考えてみるのもいいでしょう。

     この絵本は最初、1949年に出版されています。
     文を書いたのは、マーガレット・ワイズ・ブラウンで、1910年にアメリカで生まれました。
     1952年には亡くなっていますが、生前100冊以上の作品を発表してきました。
     絵はレナード・ワイスガードでマーガレットとは数多くの作品を残しているそうです。
     そして、この絵本が日本で出版されたのが2001年のことですから、最初に出版されて半世紀も経ってからのことでした。
     翻訳をしたのはうちだややこ(内田也哉子)さん。ミュージシャン内田裕也さんと女優樹木希林さんの長女です。
     也哉子さんは小さい頃から父親と一緒に暮らすことはほとんどなかったといいます。
     それでいて、これほどに愛情豊かな作品を翻訳されるのですから、父親母親の愛情というのは同じ空間を共有していなくても、包み込んでしまうくらい、大きなものなのかと思っていまいます。

     この絵本の最後のメッセージ、「あなたにとってたいせつなのは あなたがあなたであること」、これを訳しながら也哉子さんは誰の声を聴いていたのでしょうか。
     親が子供に託せる、最上のメッセージだと思います。

    投稿日:2019/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「たいせつなこと」のみんなの声を見る

「たいせつなこと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット