宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カスペルとぼうや」 花ぶらんこさんの声

カスペルとぼうや 作:ミヒャエル・エンデ
絵:ロスビータ・クォードフリーク
訳:やがわ すみこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,408+税
発行日:1997年10月
ISBN:9784593500604
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,309
みんなの声 総数 3
「カスペルとぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 大事なことに気づいて

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子9歳

    児童文学「モモ」を執筆したミヒャエル・エンデの作品です。
    これはカスペルと言うぼうやのお人形のお話。
    彼はぼうやを笑わせるお仕事が大好きでした。
    でもやがてぼうやは他のおもちゃたちに気をとられ、
    カスペルがつまらなくなってしまい、窓から捨ててしまいます。
    前半、カスペルのたどった道を読むと
    せつなくなります。彼の身を案じながら
    飽きたら捨ててしまうぼうやに少し苛立ちも隠せません。
    絶望の状況にいてても
    カスペルのぼうやを笑わせることをしたいんだって
    言い切ってしまう強さに感動。
    彼の願いが叶いますようにと読み進みながら
    目が離せないでしょう。
    本当の意味での物に対する感謝の気持ちを
    感じて欲しいなって思います。

    投稿日:2007/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カスペルとぼうや」のみんなの声を見る

「カスペルとぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット