新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

エルマーのぼうけん」 夏の雨さんの声

エルマーのぼうけん 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1963年07月
ISBN:9784834000139
評価スコア 4.85
評価ランキング 76
みんなの声 総数 151
  • この絵本のレビューを書く
  • 児童文学としてはあまりにも有名なこの作品が最初に刊行されたのは、1948年のアメリカです。
     日本での出版は1963年ですから、そんなに早く翻訳された訳ではありません。
     けれど、たちまち多くの子供たちに愛され、今では誰もが知っている名作になりました。

     この作品は野良猫と親しくなったエルマーという9歳の男の子が、野良猫から遠くの島で捕らえられている竜のことを聞いて、一人で助けにいくという冒険物語。
     そんなワクワクドキドキの物語を書いたのが、ルース・スタイルス・ガネットという女性だったのも驚きですが、書いた時彼女はまだ22歳だったというのもさらにびっくりします。
     若い彼女がどうしてこんなにワクワクする物語が書けたのでしょうか。
     それはもしかしたら原題と関係しているかもしれません。
     この作品の原題は「MY FATHER’S DRAGON」。
     「私のお父さんの竜」のお話なんです。
     つまり、エルマーというのはお父さんの名前なんです。
     娘にとって父親というのは、どんなに大変でもかわいそうな竜を助けにいくほど素敵な存在なのかもしれません。

     それに、かわいい挿絵を描いたルース・クリスマン・ガネットというのは作者のスタイルスさんの義理の母親だというのもいい。
     そういう裏話もいいのですが、一番いいのがやはりこの物語。
     どうしてこの物語がいつまでも愛されているのか、その答えはエルマーが冒険に出る前に用意する色々な道具(それはキャンデイーだったり、チューインガムだったり結構どうでもいいようなものばかり)のせいかもしれません。

    投稿日:2020/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「エルマーのぼうけん」のみんなの声を見る

「エルマーのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / だるまさんが / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ / ルドルフとイッパイアッテナ / ペンギンたんけんたい / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット