くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ふしぎふしぎ妖精の国」 天使のケーキちゃんさんの声

ふしぎふしぎ妖精の国 作:ジョージ・マクドナルド
訳:田谷多枝子
出版社:太平出版社
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年04月
ISBN:9784803120073
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,243
みんなの声 総数 1
「ふしぎふしぎ妖精の国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • アリスとリチャードの出会い

     私は「ふしぎふしぎ妖精の国」という題名を読んで、さいしょから、なんだかわくわくしました。

     私は、ようせいはかわいいと思いました。
    人間のアリスという女の子ににていて、顔もふくもそっくりです。

     ようせいの国で、アリスは、まずしい家でくらしているリチャードどいう男の子に会いました。
    さいしょ、アリスはリチャードとけんかしていて、どうなるんだろうと私は心配だったけど、さいごは、2人ともこいにおちて、あいてのことを大好きになりました。
    よかったなあと思って、私もうれしくなりました。

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふしぎふしぎ妖精の国」のみんなの声を見る

「ふしぎふしぎ妖精の国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのにちようび / 100万回生きたねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット