くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

105にんのすてきなしごと」 ぽこさんママさんの声

105にんのすてきなしごと 文:カーラ・カスキン
絵:マーク・シーモント
訳:なかがわ ちひろ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784751526934
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,403
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 音楽が聴こえてきそう

    オーケストラの楽団員の人達が、演奏を始めるまでの様子を
    描いた絵本です。不思議な気分になりました。オーケストラの
    見せ場と言ったら、そりゃあ演奏している時ですもの。
    それが描かれていないなんて、と。
    でも、素敵でした。なんにも楽器の音はさせていないのに、
    読んでいる間ずっと音楽が聴こえているようでした。
    オーケストラに所属している人達っていうのは、もうそれだけで、
    普段の暮らしも楽器を奏でているようなものなのかしら?
    豊かな気持ちになりました。
    いつか、娘を連れてオーケストラの演奏を聴きにいきたいなあ。

    掲載日:2013/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「105にんのすてきなしごと」のみんなの声を見る

「105にんのすてきなしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット