ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

ちび三郎と魔女」 はなびやさんの声

ちび三郎と魔女 作:バーバラ・K・ウォーカー
絵:マイケル・フォアマン
訳:瀬田 貞二
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784566002340
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,439
みんなの声 総数 3
「ちび三郎と魔女」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 瀬田貞二訳とあったので

    古本屋さんで、瀬田貞二訳とあったので、購入しました。

    瀬田さんの訳には信頼がおけますし、読みやすいからです。

    瀬田さんのあとがきにもありましたが、前半は「ヘンゼルとグレーテル」、後半は「三枚のお札」に似ています。

    後半を読んでいる時に息子が「三枚のお札に似ている」と言って、日頃の読み聞かせの蓄積を感じて嬉しかったです。

    トルコの昔話だそうですが、東西の昔話が融合しているように感じました。

    マイケル・フォアマンの描く絵は物語の怖さを良い意味で薄めてはくれるのですが、魔女の家の外には子どもの骨やしゃれこうべがあって怖いです。

    昔話の末っ子は賢いことが多いですが、ちび三郎の機転と観察眼には感心しました。

    「魔女なんて、魔法がなければ、たいしてりこうではありませんから」という記述にクスリとしました。

    怖さだけでなく、文章もなかなかおもしろいです。

    といっても、ドキドキハラハラしました。

    投稿日:2009/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちび三郎と魔女」のみんなの声を見る

「ちび三郎と魔女」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット