猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

キャンディスホワイトさんの公開ページ

キャンディスホワイトさんのプロフィール

ママ・30代・、女7歳 女5歳

キャンディスホワイトさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う お茶目な子猫  掲載日:2010/6/13
みけねこキャラコ
みけねこキャラコ 作・絵: どい かや
出版社: 偕成社
キャラコは三毛猫なのに二色しか色がありません
脇の下に茶色が隠れていて
もっと目立たせたいっていろいろ工夫します

小さくて可愛いキャラコが
とにかくかわいいです
猫が大好きな人ならそれだけで文句なしです

どいかやさんの絵が素敵です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛くておいしそうで絵が素敵  掲載日:2010/6/12
もっともっとおおきなおなべ
もっともっとおおきなおなべ 作: 寮 美千子
絵: どい かや

出版社: フレーベル館
ネズミがスープを作りました
いろいろ入れていたらお鍋がいっぱいになっちゃった
リスさんにお鍋を借りよう
リスさんちに行ったら
リスさんもいろいろ入れてくれました
またまたお鍋がいっぱいになっちゃったから…
そうして森のお友達からお友達へ
おおきなお鍋を求めていきます

可愛い動物たちが自分の好きな具材をどんどん
お鍋に入れていきます
スープはどんどん美味しそうになって
子供も次はナニが入るのかなって
楽しそうにしていました

どいかやさんの絵が素敵です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいくてやさしくて  掲載日:2010/6/11
どのきのしたにあつまるの
どのきのしたにあつまるの 作: にしむら ひろみ
絵: どい かや

出版社: 鈴木出版
どいかやさんはとっても絵が可愛くて好きです

森のなかよしたちは集まる約束をしたけれど
行ってみると誰もいない
ひょっとしたらあの木の下かな?
今度はあの木の下かな?
だんだん仲間が増えていきます

みんなばらばらなんだけど
それに腹を立てるわけではなく
逆にだんだん集まってくることが楽しくて
うれしくて
ゆったりとした気持ちになれますよね

ステンシルのような絵が素敵です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すてきな幼稚園  掲載日:2010/4/27
えんふねにのって
えんふねにのって 作: ひがし ちから
出版社: ビリケン出版
ここの幼稚園に行くには
園バスじゃなくて園船に乗っていくんです
家の前を流れている小川に行けば
先生が船に乗せてくれて
お友達ももう乗っています
これからのんびり園までおふねにゆられて行くんです

とっても素敵な話です
のんびりしていて
昭和の頃ならあったのかな〜
これって実話なのかなぁ〜
実際に今もどこかにあるお話なのかなぁ〜
なんていろいろ想像しちゃいました

うらやましくなっちゃって
次の日から子どもがだだこねないかなって
少し心配しちゃうくらい
かわいいお話です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい〜  掲載日:2010/4/26
どんどこ ももんちゃん
どんどこ ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
どんどこどんどこ
ももんちゃんがひたすら走ります。
どんどこどんどこ
そればかりで…
絵も走ってばかりで…
最初に読んだときはつまらないと思いました

でも子供が選ぶのはいつもこの本なんです
繰り返し繰り返し同じ言葉が出てくるのに
子供は安心する、ということを
何かで聞いたことはありますが
まさにそのとおりだったのですね〜

そのうちひらがなを読み始めたときに
やはりどんどこばかりだと読み易いんですよね
また忘れかけてたこの本を出してきて
読むようになりました
今はお姉ちゃんになって
小さい妹に読み聞かせてあげているんです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こどもによく云う言葉になりました  掲載日:2010/4/25
ほんとにほんとにほしいもの
ほんとにほんとにほしいもの 作・絵: ベラ.B.ウィリアムズ
訳: 佐野 洋子

出版社: あかね書房
貧しいけれど愛に満ちた家族が
少しずつ貯めたお金で娘のプレゼントを買いに行きます。
娘はうきうきしながらいろいろ選ぶのだけど、
「ほんとにこれでいいの?」と思うと決められません。

うちのチビたちもいつでもジジババに甘えれば
何でも手に入る…
お金の大切さはまだわかりません。
でも少しはわかったのかな〜
お店で「ほんとにほんとに好きなものは1つだけだよ」
と云うとわかるようになりました。
そう、だだをこねなくなりました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい優しいおいしゃさん  掲載日:2010/4/25
くませんせいはおいしゃさん
くませんせいはおいしゃさん 作: 正岡 慧子
絵: 末崎 茂樹

出版社: PHP研究所
優しいくまのお医者さんのお話です。
初めての入院でママと離れたくないあらいぐまクンがさみしくないように、あれこれがんばる姿は優しさ満載です。
病院の待合室にあったのを行くたびにせがまれて読み聞かせました。こどももおかげで病院を怖いと云った事は一度もありませんでしたよ〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おっちょこちょいの先生がかわいい  掲載日:2010/4/23
つんつくせんせいとつんくまえんのくま
つんつくせんせいとつんくまえんのくま 作・絵: たかどの ほうこ
出版社: フレーベル館
つんつくシリーズが好きで読みました。
つんつくえんとつんくまえんは、人間と熊の保育園。
それぞれの存在には気づいていないけれど、すべてがそっくり。
先生のすっとんきょうな顔もおもしろいし、それを見てびっくりしたり、諭したりする園児のほうが大人?だったりして。
みなさんの観想を読んで、早速3びきのくまの方を読まなければと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのもしい4兄弟  掲載日:2010/4/23
まほうのタオル
まほうのタオル 作: おのりえん
絵: はた こうしろう

出版社: フレーベル館
4兄弟のお話第2弾。
今回は走るのが好きな次男坊がマラソン大会で1番になるためにがんばるお話。
とはいえ走るのがメインではなく、スポ根ではありません。
とにかく絵が可愛い。
おうちがオシャレ。
ままとパパが素敵。
この本を読んでからはたこうしろうさんのファンになりました。
でも、この本でがんばる次男の姿を見て、うちの娘は走ることが少し好きになったと云っていました。
がんばったら実る?ということが書いてあったからかな〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごくいいっっ!  掲載日:2010/4/23
なつのいちにち
なつのいちにち 作: はた こうしろう
出版社: 偕成社
とにかくいいっっ
都会にお住まいのお子さんにはぜひぜひ詠ませていただきたい1冊です。それも男の子がいたらなおさらっっ
都会のど真ん中に住む兄弟が退屈な夏休みを田舎の親戚の家で過ごすというお話。川に落ちたり、どろんこになったり、虫を採ったり…
すべてが町を離れたら当たり前の光景だけれど、都会に住む少年にとっては初めての体験で、楽しくて楽しくて…
うちの娘が感動してしまい、田舎に引っ越したいと興奮してました。
はたこうしろうさんの冬バージョンもありますよ。
参考になりました。 1人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット