へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

Y&Mさんの公開ページ

Y&Mさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子9歳

Y&Mさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う シンプルだけど、読み方は無限大  投稿日:2010/09/24
ぶぅさんのブー
ぶぅさんのブー 作・絵: 100%ORANGE
出版社: 福音館書店
同じ「ブー」の繰り返しでも、声のトーンが違うことが分かり、同じ「ブー」ではないのだと感じ取っているようでした。
トーンをどんな風に変えて読むか、大人も毎回工夫して読んでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バイバイがブームになる8か月頃におすすめ  投稿日:2010/09/24
ばいばい 改訂版
ばいばい 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
「じゃあじゃあびりびり」ほどではないけれど、食いつきがよかったです。「バイバイ」がブームの時に読んであげたのがよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 出てくる動物のセレクトがいい  投稿日:2010/09/24
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
ぴょんぴょん跳ねる動物の中にカタツムリが出てくるところがナイスセレクト。娘よりもパパが反応していました。もう少し大きくなったら娘ももっと反応してくれるのかなと思います。図書館の赤ちゃんお話し会でも読んでもらいましたが、1歳過ぎたお子さんたちが楽しそうにしていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み手の演技力にかかってます  投稿日:2010/09/24
わんわん わんわん
わんわん わんわん 作・絵: 高畠 純
出版社: 理論社
これは本当に読み手の演技力によって、楽しくもつまらなくもなる本だと思います。うちの娘は基本的に本を読んでいるときは黙ってじーっと真剣に聞いているので、動物になりきって読んでも期待していたほどの反応がなくてちょっと残念!私の演技力がまだまだなのかしら。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 音と穴に興味を示しています  投稿日:2010/09/24
ごぶごぶ ごぼごぼ
ごぶごぶ ごぼごぼ 作: 駒形 克己
出版社: 福音館書店
初めて読んだときは音が気に入った様子でした。
今は音には慣れたのか、それよりも自分でページをめくろうとしたり、
穴に指を入れて次のページをめくりながら、
穴があいていることを確かめたりして楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カラフルな○が大好き  投稿日:2010/09/24
まるくて おいしいよ
まるくて おいしいよ 作・絵: こにしえいこ
出版社: 福音館書店
色々な大きさや色の○が出てきて、
「なんだろう?」と思わせてくれます。
自分でページをめくりたがります。
色鮮やかで、食べ物の絵もきれいで、オススメです。
表紙の印象よりもよかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がおきにいり  投稿日:2010/09/24
したく
したく 作・絵: ヘレン・オクセンバリー
出版社: 文化出版局
文字のない絵本。
優しいタッチの絵を見ると
ヘレン・オクセンバリーの世界に引き込まれます。
絵本のサイズも小さい娘にぴったり。
本棚から出すのが大好きです。
「したく」は洋服を着ることが分かりやすく描かれていますが、
さすが外国。
靴を履くのがなぜかサロペットを履く前なので、
それだけがちょっぴりおしい!
本当は5つ★でもいいところですが、
4つ★なのはそういう理由からです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子でお気に入り  投稿日:2010/09/24
くりん くりん ごーごー
くりん くりん ごーごー 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
この絵本は初めて読んだときから私のお気に入り。
その気持ちが伝わってか、好みが一緒なのか、
今では娘にとってもお気に入りの一冊のようです。
色々な動物が色々な乗り物に乗って、
やってきては行ってしまう、
そんな繰り返しが心地よく、
「くりんくりん」「どるんどるん」「きこきこ」などの擬音語が
大好きです。
他の本では読み終わる前にページをめくられてしまうのに、
この「くりんくりんごーごー」だけはそのページが読み終わるまでちゃんと待ってくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわかした気持ちになります  投稿日:2010/04/20
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
色々な動物が出てきてくっつく姿がかわいらしいです。最後に赤ちゃんがママやパパとくっつくところを、読んだあとに実際に家族3人でやりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかりやすいです  投稿日:2010/04/20
だれかな?だれかな?
だれかな?だれかな? 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
同じ言葉が何度も繰り返し使われているので、シンプルで分かりやすく、興味を引きつけやすいです。ページの角が丸くなっていてよいです。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット