なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ゆんぐりさんの公開ページ

ゆんぐりさんのプロフィール

ママ・30代・山梨県、男3歳 女0歳

ゆんぐりさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う レトロなんだけど。  投稿日:2006/03/23
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
はじめ手に取ったときは、ずいぶんレトロだなあ・・と思ったのですが、2歳だった息子には大受け。早速てんぐちゃんのまねをして、ヤツデのはっぱを探してきたり、お椀を頭に乗っけたり。
私は、だるまちゃんがてんぐちゃんの持ち物を欲しがると、お父さんのてんぐどんに叱られる、というお話かと思ってページをめくっていたのですが、子供の希望に一緒に協力してくれるてんぐどんにはっとしました。しつけ、の名のもとに叱りすぎていたな、子供の気持ちにもう少し寄り添ってあげよう、と反省させられた一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あの鬼はほんとはやさしかったんだね  投稿日:2006/03/23
ないたあかおに
ないたあかおに 作: 浜田 廣介
絵: 黒崎 義介

出版社: フレーベル館
ちょうど節分の頃に買いました。
幼稚園に来た鬼と同じだと思っている息子は、「あの赤鬼と青鬼はあんなに怖かったけど、本当はやさしかったんだ」とほっとした様子でした。
かなり長いお話ですが、寝る前にはいつも持ってきて最後まで 飽きずに聞いています。何か子供なりに感じるものがあるのでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛嬌のあるコップちゃん  投稿日:2006/03/23
コップちゃん
コップちゃん 作: 中川 ひろたか
絵: 100%ORANGE

出版社: ブロンズ新社
シンプルなのに、なぜか愛嬌がありかわいらしいコップちゃん。ごろん、と寝ころんだり、いないいない・・で本当に消えてしまうところなど、いたずらざかりの我が子をみているようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 得意げな表情が楽しい  投稿日:2006/03/23
あたまのうえにりんごがいくつ?
あたまのうえにりんごがいくつ? 作: セオ・レスィーグ
絵: ロイ・マッキー
訳: 田村 隆一

出版社: ペンギン社
らいおん、とら、いぬの3匹が、頭にいくつりんごを乗せられるか競争します。3匹が木に登ったりローラースケートをする度に、りんごがゆらゆら、頭の上から落ちそうで、スリル満点。
やがて危機が訪れ、3匹はりんごを頭に乗せたまま必死で逃げ出します。最後の大どんでん返しもゆかいです。
3匹の得意げな顔と軽快な文章で、楽しい気持ちになります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 長く楽しめます  投稿日:2006/03/23
赤ちゃんにおくる絵本 1
赤ちゃんにおくる絵本 1 作・絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室
3歳の息子が0歳の時に購入しました。
はっきりとした絵で、最初はじっと見つめていましたが、言葉が出始めると得意になって絵の名前を言うようになりました。
3歳の今は、妹に読んであげたり、ひらがなにも興味が出てきたようで拾い読みもするようになりました。
長く楽しめる一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どきどきしちゃう  投稿日:2006/03/23
はろるどのふしぎなぼうけん
はろるどのふしぎなぼうけん 作・絵: クロケット・ジョンソン
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
ハロルドが絵を描きます。町を描いたり海を描いたり・・。
絵の中に入り込んだハロルドは、大きくなったり小さくなったり。無事家に帰れるのかな、とドキドキです。
とっても絵の上手なハロルド。子供と一緒に絵を描きたくなります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨だ!  投稿日:2006/03/23
あめふり 改訂版
あめふり 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
雨が降ってきました。
あわてて雨宿りするありさん、喜んでお散歩するかめさん、
雷を怖がるへび。字のない絵本なので、子供の興味に合わせてお話を膨らませられます。
小さいサイズなので、子供が自分で持ちやすく、お出かけの時なども持って行きやすいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本格的!  投稿日:2006/03/23
メイシーちゃんのたのしいのうじょう
メイシーちゃんのたのしいのうじょう 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: なぎ・ともこ

出版社: 偕成社
思った以上に本格的な仕掛けで、大満足でした。
表紙と裏表紙を合わせると、立体的な豚小屋が出現したのには驚きました。また、葉っぱだけ見えている畑の土をめくると野菜が埋まっていたり、キャベツの下にはかたつむりが隠れていたり、蜂の巣箱の中には蜂がうじゃうじゃいたり。
あちこちめくって覗いては楽しい発見がいっぱい。
よく遊んでボロボロになりましたが、テープで補強してまだまだ大事に使います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 芽なんか出るよね!  投稿日:2006/03/23
ぼくのにんじん
ぼくのにんじん 作: ルース・クラウス
絵: クロケット・ジョンソン
訳: わたなべ しげお

出版社: ペンギン社
息子は、この本の男の子を真似て、なんでも庭に蒔きます。みかんのたね、かぼちゃのたね、くるみのたね、バナナのたね(?)・・・。
ついつい「芽なんか出ないと思うよ」と、本のなかの大人と同じ事を言いそうになる私ですが、息子は「芽なんかでるよね!」と嬉しそうに水をやっています。
本当に芽が出たら素敵だな。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット