なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ぢゃい子さんの公開ページ

ぢゃい子さんのプロフィール

ママ・30代・鳥取県、女の子11歳 男の子9歳

ぢゃい子さんの声

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しくて、おいしそう!  投稿日:2012/11/21
まるくて おいしいよ
まるくて おいしいよ 作・絵: こにしえいこ
出版社: 福音館書店
2歳の息子が表紙のドーナツに釣られて選んだ1冊です。
丸い形とおいしそうな食べ物がたくさんでてくるのでお気に入りです。
特に息子が気に入っているのが、チョコレートケーキのページで、「ここ、誰が食べちゃったんだろ?」と言っては家族みんなに「食べたでしょ?」と聞いてまわってます(笑)
「ごめん、母さんがつまみ食いしちゃったの」と言うと、「もう、食べたいならちゃんと言ってくれればいいのに!はい、どうぞ!!」とチョコレートケーキのページを差し出してくれます。
いろんな意味で長く大切にしたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月に2回借りることも  投稿日:2012/11/21
はしるの だいすき
はしるの だいすき 作・絵: わかやま しずこ
出版社: 福音館書店
息子が1歳になるころ図書館で借りてきました。
動物が好きなのと、どっぱっどっぱとかぱんかぱんかという繰り返しの響きが楽しかったようで図書館でこの絵本を見つけると必ず借りて帰るようになりました。
この絵本の影響か、テレビなどできりんやぞうをみかけると、「どっぱどっぱ」などと言いながら部屋を走り回っています(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 裏表紙がお気に入り!  投稿日:2011/11/29
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
図書館で娘が自分で「これ」とはじめて言った絵本でした。
表紙のお月様のイラストが優しくて、あたたかいかんじのする絵本だなと私も思いました。
ストーリーが進んで、雲が出てくるシーンでは、おつきさまと同じように眉間にしわを寄せて見入っていました。
でもいちばんのお気に入りは、裏表紙の「ベー」をしたおつきさま。
読み終わったあとは、もういいんじゃない?ってくらいしばらくべーをし続けています(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も大好きでした  投稿日:2011/11/29
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
この本は私が子供のころ大好きでよく読んでいたものでした。
母が大事にとっておいてくれて、娘の2歳の誕生日にプレゼントしてくれました。
当時はまだストーリーに興味はあまりなく、出てくる動物たちをみてよろこんでいました。
それでも、楽しそうに絵本を開く娘を見て幸せな気持ちになりました。
そして、母もこんなふうに私をみていてくれたのかと少し涙がでました。
いつか、私にも孫ができたとき、この本をプレゼントできたらいいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くまくんと一緒にこんにちは!  投稿日:2011/11/29
こんにちは
こんにちは 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: 福音館書店
ページをめくるたびに、くまくんと一緒にこんにちは!をくりかえしていました。
おかげで、誰かに会うと、必ず『こんにちは!』とあいさつができるようになりました。
ただ、夜に会っても「こんにちは」ですが(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい図鑑!  投稿日:2011/11/28
ほんとのおおきさ動物園
ほんとのおおきさ動物園 監修: 小宮 輝之(上野動物園園長)
写真: 福田 豊文

出版社: 学研
私の中で図鑑って分厚くて重くて、つまらない本ってイメージだったので、子供たちにはまだまだ早いと思っていました。
でも、開いてびっくり!
リアルで、ワクワクして、すごく楽しい図鑑でした。
動物たちの説明や、コラムがかわいいイラストで描かれていて親しみやすかったのもポイントでした。
1歳の息子はトラのページがお気に入りで、『ガオー!ガオー!』と言いながら見ています。
3歳の娘はキリンのページがお気に入りで舌をべーと出しながらマネをしています。
子供だけじゃなく、親の私も楽しめる図鑑でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だるまさんと・・・  投稿日:2011/11/28
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
『だ・る・ま・さ・ん・が』というフレーズにつづいて、おもしろポーズのだるまさんが現れる。
そうとう面白いようで、いつもだるまさんと一緒にこけたり、伸びたり、オナラしたり(笑)してます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒にまねっこしています  投稿日:2011/11/28
できるかな?あたまからつまさきまで
できるかな?あたまからつまさきまで 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
この本を初めて読んだとき、娘は2歳でした。
一生懸命動物たちのマネをしているつもりの姿がかわいかったです。
その娘も3歳になり、いまだにお気に入りでよく読むのですが、最初はできなかった片足だし立ちなども簡単にできるようになり、成長を感じられるうれしいおまけもついていました(笑)
もうすぐ2歳になる息子もよくマネをしていますが、まだまだしたつもり状態。
完璧にできるようになる日がくるんだと思うとなんだか楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これなら!  投稿日:2010/12/08
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
仕掛け絵本はやぶったりしそうでまだ早いかなと思っていましたが、このしかけなら安心して自由に読ませられるし、娘も自分で開いたりできてうれしそうでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う つけたり消したり  投稿日:2010/10/02
くらい くらい
くらい くらい 作: はせがわ せつこ
絵: やぎゅう げんいちろう

出版社: 福音館書店
スイッチで遊ぶのが好きな娘に読んでみました。
「スイッチぱち」と言って楽しそうにページをめくっていました。
最後のこっちのスイッチじゃなかったのところが特にお気に入りで、
「かあたん、どっちかなぁ?こっちかなぁ?あ、まちがえた、こっちだった!」と飽きずに読んでいます。
参考になりました。 0人

15件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット