オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

役にたつって、嬉しい!
オオイシさんのように、役にたつって、朝…

ヨム姫ヨム太郎さんの公開ページ

ヨム姫ヨム太郎さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子17歳 男の子13歳

ヨム姫ヨム太郎さんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 読み聞かせが苦手な男の子にもオススメ★  投稿日:2013/10/04
おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記3 テツガクうさぎに気をつけろ
おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記3 テツガクうさぎに気をつけろ 作: きむら ゆういち
絵: 山下 ケンジ

出版社: 講談社
ちょっぴりおませな女の子うさぎに翻弄される純粋なオオカミくんの物語です。

うさぎが大好物の狼ゴンノスケ。
食べようと襲いかかろうとしたとき
「食欲だけしかない単細胞の狼に食べられるほど馬鹿じゃない
もっと知的で哲学をもったおおかみにならともかく・・・」
と、うさぎに言われてしまいました。
それならテツガクを身につけるぞ!と猛勉強し、うさぎに再会しましたが・・・
果たしてゴンノスケはうさぎを食べることができるのか??


5年生の読み聞かせの時間に読みました。
娘のお友達(男の子)が
「読み聞かせは好きじゃないけど、面白かった」
と言ってくれたそうです。
悩みに悩んで決めた一冊だったので、ホッとしました♪

いやはや、高学年の読み聞かせは本選びが悩みの種です。


読み聞かせ所要時間 15分弱
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供に戦争を伝える初めての本として  投稿日:2012/10/01
さがしています
さがしています 作: アーサー・ビナード
写真: 岡倉 禎志

出版社: 童心社
広島の持ち主を亡くし、被曝したモノ達の声を通して、被曝の恐ろしさが描かれています。

8時15分で止まった時計
レイコちゃんのお弁当箱
マリコちゃんのカバン
トシヒコくんのビー玉

突然の悲劇・・・
途切れた未来・・・

目を覆いたくなるような写真を見せるには、まだちょっと早いけど、戦争の事を伝える初めて本として、私はおすすめしたいと思いました。

10歳の娘とは、この本をきっかけに戦争の事や原発の事などを話したりしました。
参考になりました。 3人

なかなかよいと思う 夜の読み聞かせに・・・(4年生)  投稿日:2012/09/10
子どもに語るグリムの昔話
子どもに語るグリムの昔話 絵: ドーラ・ポルスター
訳: 佐々 梨代子 野村 ひろし

出版社: こぐま社
4年生ながらも甘えん坊の娘。
まだ寝る前の読み聞かせを楽しみにしています。

短いお話が沢山入っていること。
そしてグリム童話を意識して読んであげたことがなかったので試しに借りてみました。

最近の絵本は、メッセージ性が強いもの、結末がわかりやすいもの・・・が多いような気がするのですが、この本のお話は、ちょっと違うような気がします。

何冊も出版されているようなので、しばらくはこのシリーズで夜の読み聞かせをしていきたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 節分のお話  投稿日:2011/10/12
かえるをのんだととさん
かえるをのんだととさん 作: 日野 十成
絵: 斉藤 隆夫

出版社: 福音館書店
<ととさん> かかさん かかさん、はらが いたくてたまらん。どうしたらいいかのう
<かかさん> ととさん ととさん、おてらのおしょうさまに きいてみなさると いい
<和尚さま> はらのなかに むしがおるせいじゃ。かえるをのむといいぞ

と愉快な解決策を次々に提案する和尚さん。
最後は 鬼が ととさんの「しりのあな」から逃げ出す という オチ でした。

かえるが ぺたらくたら あるく
へびが ずらくら ずらくら うごく
きじを こかっ と のみこむ
といった様々な擬態語も新鮮で楽しい本です。

娘が2年生のとき、おすすめの1冊 として学校にもって行きました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何かを感じてもらいたくて・・・  投稿日:2011/06/23
ともだちやもんな、ぼくら
ともだちやもんな、ぼくら 作: くすのき しげのり
絵: 福田 岩緒

出版社: えほんの杜
小学3年生の娘のクラスの読み聞かせでこの本を選びました。

ともだちやもんな、ぼくら
そうや、ええときだけの ともだちと ちがうしな

決め手はこの言葉でした。
楽しいときだけ一緒にいるのが友達じゃない。
娘のクラスの子どもたちの心に何かが響いてくれたら・・・そう願って読みました。

下校した娘に感想を聞いたら・・・

こんどはもっと楽しいお話にしてね♪
ないちゃいそうになっちゃったから。

といわれました。

さて!次回は何を読もう!
こちらの皆さんのご意見を参考にしながら本を探してみたいと思います。
参考になりました。 5人

自信を持っておすすめしたい 息子が爆笑!  投稿日:2010/10/19
おさるはおさる
おさるはおさる 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
4歳の息子が、表紙の絵に惹かれ選びました。

読んであげると、ゲラゲラ大笑い!「おじいさんのおじいさんのそのまたおじいさん・・・」がお気に入りです。おさるシリーズを読破してみようかな、と思っています。

(参考)8歳の娘のツボには、はまりませんでした。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット