新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

ぐりんてるさんの公開ページ

ぐりんてるさんのプロフィール

ママ・30代・岐阜県、男の子11歳

ぐりんてるさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おおまさかり♪  投稿日:2013/04/06
ビッグブック すてきな三にんぐみ
ビッグブック すてきな三にんぐみ 作・絵: トミー・アンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
うちのこは、
「おおまさかり」という言葉のひびきと、おおまさかりの形が好きなようです。3つのアイテムの中で、「おおまさかり」というところを、繰り返し読むように、せがまれます笑。
ストーリーの展開よりも、この3つのアイテムがすごく気になるようです。
絵を指差しながら、「こしょうふきつけってどーれ?」とか。
子どもの反応っておもしろいですね。
挿絵がとっても素敵です。にくめないどろぼうの姿。
私も大好きな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不朽の名作!  投稿日:2012/04/05
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
大きなたまごが出てくるページで、大興奮の息子。
自分自身も小さい頃、大好きだったので、親子2代で楽しんでいます。
森の中に、ワニもライオンもゾウも登場して、みんなでかすてらを分け合って食べる姿が、とっても微笑ましいです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2歳の子どもが大好きな本!  投稿日:2012/01/25
ことばのべんきょう 4冊セット
ことばのべんきょう 4冊セット 作・絵: かこ さとし
出版社: 福音館書店
こどもが1歳半のときに、出会わせた本です。「くまちゃんのごあいさつ」は、絵本の中の言葉も少なく、はーい、とお返事するところや、ばいばい、の場面になると、一緒に身振りてぶりで声を出しながら、ごあいさつをして、大のお気に入り。でも、他のシリーズは、絵が細かいのか、見向きもしませんでした。
それが2歳になると、他のシリーズのほうが大好きになり、かこさとしさん特有の、いっぱいある絵をひとつずつ指さして、「こえは?(これは?)」と聞いてくるように。とくに「くまちゃんのおかいもの」は大好きで、何回も読みすぎて、「ふうとう、かくぶうとう、はがき、たばこ、マッチ」と暗記していまい、唐突にそのセリフが出るようになってしまったほど・・・・。
かこさとしさんの絵とその情報量は、何回見ても、あきません。子どもと一緒に楽しんで絵本読んでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子2代で  投稿日:2012/01/24
あかいりんご
あかいりんご 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
私が幼少時代に楽しんでいた本を、2歳の息子と楽しんでいます。
すずめが見つけたりんごを、いろいろな動物が、よこせーと取り上げていってしまう話ですが、最後には、結局すずめに戻ってくる話です。
出てくる動物たちが、自分より強い動物にりんごを渡すときの、情けない姿が、ちょっと笑えます。
こういう繰り返しのある話は、2歳の子どもでも大好きなようで、じっと聞いています。
そして、なぜか挿絵の細かい部分が気になるようで、すみっこのきのこを指差したり、花を指差して、「こえは?(これは?)」と聞いてきます(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2歳のこどもが大好き!  投稿日:2012/01/24
キャベツくん
キャベツくん 文・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
2歳の息子の最近はまっている本です。「カベツくん、カベツくん」と言って、この本を持ってきます。
ぶきゃ!というところがツボみたいで、ぶきゃ!というと、息子が大笑い。
いろんな動物がキャベツになっていく繰り返しが、とても楽しいみたいです。
キャベツくんに翻弄?されるブタヤマさん。大人から見ると、なんか切ないのですが。シリーズで出ているみたいなので、他のキャベツ君もぜひ読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分も楽しんだ本  投稿日:2012/01/24
ころころ・パンケーキ
ころころ・パンケーキ 作: (ノルウェー民話)
絵: スベン・オットー
訳: 山内 清子

出版社: 偕成社
自分が小さい頃に持っていた本を、そのまま息子に読み聞かせています。
食べ物が出てくる絵本って、ほんとに子どもの心をつかみます。字も細かいし、話も長めですが、2歳の息子でもじいいいっと見入って、「ぱんけーきぱんけーき」と指さして、聞いています。いたずらっこそうなパンケーキが、逃げていくのですが、ふっくら感が、なんとも言えずおいしそう。
絵がスケッチの感じで、大人が見ても楽しめます。
息子は、挿絵の細かい部分が気になるようで、息子が「こえ(これ)?」といって指さすのは、私でも気付かなかったかたつむりや、テントウムシの挿絵。
子どもと大人では視点が違うんだなー、と面白い発見でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくさん出てくる物に目が釘付け。  投稿日:2012/01/24
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
息子が大好きな絵本です。
いろんな種類のうちわや帽子が挿絵になっているのですが、息子は、ひとつひとつ指差して、「こえは?(これは?)」と聞いてきます。
メキシカンハット、とか、ナポレオンハット、鼓笛隊の帽子、とかわかる範囲で答えてますが、なんて答えたらよいかわからないものもあり…そういうことも含め、親子一緒に楽しんで読んでいます。
私が一番好きなのは、「ちがうよちがうよ、まるでちがうよ。」と怒る場面。だるまちゃんが、可愛らしくて。だるまどんの戸惑った様子も、なんだかほんわかしてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度でも読みたい  投稿日:2011/03/08
うみ
うみ 作: 岸田 衿子
絵: 長 新太

出版社: ひかりのくに
海の中から魚が飛び出して、それを見たこぶたが、「あら」とつぶやきます。
言葉がなく、こぶたがじぃぃっと海を見ている場面が2回あります。
この場面のタイミングとこぶたの表情が大好きで、時間がゆっくり流れているような、自分も静かな浜辺で、地平線を見つめているような感覚になります。
読み終わった後、なんだか、おおらかな気持ちになる絵本です。

子どもは「ぶほーっ」のところで大喜びです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼのして大人も楽しい  投稿日:2011/03/08
くつしたがにゅー
くつしたがにゅー 作: 岸田 衿子
絵: 長 新太

出版社: ひかりのくに
ひよこがくつしたを見つけます。

くつしたをかぶって歩いているひよこの、愛らしい姿といったら!

ねことなわとびをしているかと思ったら、最後は、ねこのはらまきに・・・

くつしたが、動物たちによっていろんなものに変身していく展開がおもしろく、ほのぼのしたお話です。

子どもは、じいいっと絵を見ながら神妙な顔でお話を聞いていました。
だいたい絵本を読むと、ツボのところで大きなリアクションをするのですが、この絵本では、いつもじっとして聞いています。珍しい反応でした。彼なりに、いろいろ考えているのかもしれません(笑。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マイペースなフクロウ坊や  投稿日:2011/03/08
ねむいよ ねむいよ
ねむいよ ねむいよ 作: 長 新太
出版社: こぐま社
1歳の息子は、「コトン」という響きが大好き。
フクロウの子どもが木から落ちるところからもうにっこにこです。必ず「コトーーン!」と復唱します。

ゾウのみみのうしろや、おかあさんのせなか、果てはジェット機にとまって寝ているフクロウ坊や。
このマイペースさ(?)、大好きです。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ

  • あたしって、しあわせ!
    あたしって、しあわせ!
    作:ローセ・ラーゲルクランツ 絵:エヴァ・エリクソン 訳:菱木 晃子 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    不安でいっぱいの新1年生ドゥンネは、エッラ・フリーダと出会ってから、何をするにも一緒。ところが…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット