宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ナンテンさんの公開ページ

ナンテンさんのプロフィール

その他の方・50代・岡山県

ナンテンさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい さんぽが愉しくなります  投稿日:2007/02/06
つきよのさんぽ
つきよのさんぽ 作: 安江 リエ
絵: 池谷陽子

出版社: 福音館書店
「こどものとも10月号」
この絵本を見たのは、十五夜、お月見までは少し先のころ、でもこんな絵本を開いたら、もう待ってはいられません。
「おとうさん、おんぶ」って、声かけてくれる子どもはいませんが、病み上がりのワンちゃんをつれて、川土手を歩いて、この絵本のなかの、もぐらさんや、池のまわりで遊んでる、うさぎの家族にも出会えませんが、虫さんのなかよく鳴く声が、きみたちも、ぼくの歌にさそわれてきたのですか、そうですよ、きみたちの声が、ワンちゃんを散歩にでかけさせる、お尻ポンで元気づけてくれているのですから。
川土手に腰掛けて、鮎つり舟の灯りが川面に、小さな丸を映しています。
絵本の親子のように、ごろんと「コタちゃん」をかかえて、草原にたおれてしまいたいです。
コタちゃんは、大暴れです。ぼくはこどもじゃないよ、こんなの好きじゃないんだって。
でも、ほら気持ちいいんだよ。
ぼくらはずーとむかしから、こうして多くの仲間をふやしていったんだよ。
いぬさんや、ねこさんもこうして、ぼくらの仲間になったんだけど。
手をつないで、つきあかりのみちを、おうちへかえる、おやこのように、わたしもコタちゃんのリードをもっておうちへ。
大きなおつきさんが見えて、小さくなって、そんな日がいくつかあって、コタちゃんの首にきみと同じ色のマフラーが捲かれ、これがないと夜の散歩はできない、なんてきみが吠える日が来て、夜の散歩が億劫になる季節になってもいつもいつも、「つきよのさんぽ」は愉しいといえる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなおにわで、手をつないで輪になって  投稿日:2006/02/11
グーズベリーさんのみどりのにわで
グーズベリーさんのみどりのにわで 文・絵: にしまき かやこ
原作: ロイス・レンスキー

出版社: こぐま社
スモールさんシリーズで知られるレンスキーさん原作を、にしまきかやこさんがすてきな絵本に。
グーズべりーさんはみどりのおおきなお庭に建つ、おうちに7人のこども、それにたのしい歌を聴かせるみどりの鳥さんと暮らしています。
ある日、とりさんが見えなくなってしまいます。こどもたちは、おにわのりんごの木や、お花畑を探しますが、とりさんを見つけられません。
みどりの庭にある、小さな島の木の上から、とりさんの歌が聞こえてきます。木の上に、巣がありそこには4羽の雛がいました。
いつも子供と遊んでいた、とりがこんどは4羽も増えていたのです。
にわであそぶこどもたちの、にぎやかさが前よりおおきくなっていますね。
にしまきさんのこどもの絵いつもこちらをたのしくさせてくれます。
絵本にクレパスで、こどものよこに、私の描いたこどもの落書き、でもその落書きの絵が、そこにぴたっとはまってみえます。
たくさんたくさん描いたりして、いつのまにか、わたしの絵本みたいになっています。
なんだか、絵本のこどもも、とりさんを見つけてたのしくなった以上に、手をつないであそんでくれてるみたい、わたしの描いた子供たちと。
こんな愉しみかたもいいかなと、思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 7時に眠るなんて早いよ  投稿日:2005/06/22
おやすみなさいフランシス
おやすみなさいフランシス 作: ラッセル・ホーバン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
最初のページ
半開きのドアーから顔を出してるあらいぐまのフランシス
ちょっとはにかんだ表情でかわいいですね
夜の7時にお休みなんて、早すぎますね、いくらおとうさんにおんぶされてお部屋につれていかれても、くまさんやお人形さんといっしょでも、まだまだ眠くはないですよね。
フランシスがいろんな理由で、おとうさんやおかあさんのところに行くのってわかりますよ。
それにおとうさんとおかあさんがテレビを見ながらケーキを食べてるなんて、もう時間どうりに寝たくはないですね。
窓打つ音、いろんなことがフランシスの眠りを邪魔します、でもお疲れさんがフランシスを夢へと
こどもの頃ってだれもこんな夜がありましたね
こどものそばでお話を聞かせてあげると、はやく眠ることができるかも、もっとお話をってことになるかも。
こどもにこの絵本よ読み聞かせると、たぶん眠らなくなるのでは、ぼくのいないところでケーキ食べるのなしだよって。
ガース.ウイリアムズさんの絵の線のユラユラって好きなんですが。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人になって判りえた本  投稿日:2005/04/07
すばらしいとき
すばらしいとき 文・絵: ロバート・マックロスキー
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
この絵本は、わたしを子供のころのあの楽しかった日にもどしてくれます。
場所は違っても、子供のころの夏の思い出は一緒です。
もう半世紀も過ぎた昔、でもこまぎれとなって、浮かんでくる思い出は、この絵本がより確かな絵となって心の中に。
はじめて行った海水浴。
焼玉エンジンのはじけるような音のする小さな船。こどもの手でさへ、下におろせば海水がふれる、大丈夫かなと心配になる小さな船で行った「瀬戸内」の島。
海辺で拾った貝殻。飲み込んでしまった海水の塩辛さ。
嵐の日。母親に肩を抱かれ、歌う姉妹の絵には、台風のとき、坂の上でじっと立って学校から帰ってくる、わたしを待っていてくれた父親を思いだします。

これから出会えるすばらしいときが、もう少なくなってしまった自分には、これまで出会えたすばらしいときを反芻して生きていくしか。
この絵本はページをめくるたびに、眼を閉じ何も言わず、惜しむように、またページをめくる。そんなことの繰り返し。
わたしをもう一度子供に返してくれる、そんな絵本
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ワンちゃんとの楽しい日  投稿日:2005/03/14
ちいさいヨット
ちいさいヨット 作・絵: ロイス・レンスキー
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
この絵本の楽しさは、スモール船長の愛犬ティンカーの可愛さです。
ヨットのへさきにすわっているティンカー。
スモール船長さんが、お魚を釣って大喜び、いきおいあまって海へドボッン。ヨットの上でティンカーが心配してワンワン吠えます。でも心配なく船長さんは泳ぐのも得意。
船長さんのヨットの走行の上手なこと。
こんな楽しい一日をすごせるなんて最高ですね。
我が家での夕飯の素敵なこと。
船長さんは釣り上げた大きなお魚。
ティンカーにはいぬのビスケットふたつ。
ビスケットを見てしっぽを振ってるティンカー。そのようすを楽しげにみている、スモール船長さん。
床にごろんと寝転がっている我が家のわんちゃんを横目に、この絵本を見ていると「ちいさいヨット」のたのしさが倍になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ミシンのカタカタは夢を紡ぎます  投稿日:2005/03/11
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
うさちゃんの白いワンピース。
ふたつのポケットが可愛いです。
お花畑を散歩すると、お花がうさちゃんのワンピースに、ピンクはチューリップ。だいだい色はキンセンカ。
雨にあたるとおおきな雨粒に。
小鳥さんに、お星さまにと、うさちゃんの夢がワンピースに次から次にと。
白くあいたところに、いっぱい好きな絵を描いて、うさちゃんの夢のお手伝いができるところもいいです。
でも借りた本では駄目。
参考になりました。 1人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • そうだソーダ
    そうだソーダ
     出版社:くもん出版
    ぞうのソーダやさんには不思議でおかしいソーダがたくさんあるソーダ!? 楽しい言葉あそび絵本!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット