100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!

チキータひなさんの公開ページ

チキータひなさんのプロフィール

ママ・20代・京都府、女1歳

チキータひなさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ぽんぽんぽーん  投稿日:2007/03/22
まめうし ぽんぽんぽん
まめうし ぽんぽんぽん 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
この本は赤ちゃんの好きなリズムがくりかえし出てきます。
絵と合わせて「ぽんぽんぽーん」と言うと娘も一緒に「ぽーん」と言います。赤ちゃんでも真似しやすい言葉ですし言葉を話し始めた子には自分も言えるのが嬉しいみたいで楽しんで読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ミシン好き  投稿日:2007/03/22
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
この本は私が幼い頃に読んだ絵本で実家に置いてあったものを娘にも読んで見ました。真っ白なワンピースが花模様になったり小鳥模様になったりするたびに喜んで嬉しそうな顔をします。私自身絵も文もほとんど覚えていましたし、それだけ印象に残る本はやっぱりいい絵本だと思います。
ちなみにわたしはこの本のせいかもしれないけど小さい頃からミシン好きで娘もミシンの音が大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝かしつけに  投稿日:2007/03/12
よるくま
よるくま 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社
夜寝る前になると娘が持ってくるお気に入りの絵本です。
この絵本は絵がとても可愛いので私自身とても気に入っています。最近は「よるくまちゃんかわいいね」というと「これあーたん」(娘)というようになりました。(笑)
この絵本は「目が覚めたときいなくなったおかあさんを探しにいく」というお話ですが娘も「お母さんがいないとき」のことを思い出すのでしょうか。お母さんがいなくて泣いている絵を見せると早くお母さんのページを・・・と催促します。お母さんに会えると「よかったね」といって娘を抱きしめます。すると大抵おっぱいが欲しくなって寝てしまいます。最後のページも「おやすみ」なのですっと寝かしつけがしやすい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お休み前の  投稿日:2007/03/12
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
毎晩寝る前のお約束はこの絵本を読むことです。この絵本は娘が1歳の頃から読んでいます。
初めは絵が綺麗なので見せるだけと思っていたのですが何度も「どこに隠れたのかな?」「ハチさん怖いね」と話しながら読んでいるうちに「ここ、ここ」と隠れている場所を指差すようになりました。ハチを見て「ブーン」と言ったり少しずつ言葉が増えるのもとても楽しかったです。
最後は背表紙のおかあさんとひよこちゃんを見せて「ひよこちゃんもねんねしたから○○ちゃんもねんねしようか」というとすんなり寝かしつけができます。
2,3回読まされるのは覚悟しないとだめですが繰り返しが多いので親も読みやすいです。もうすっかり覚えてしまいました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 食いしん坊には・・・  投稿日:2006/09/12
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
この本は何がすばらしいって果物の絵が本当にリアルなことです。しかも美味しそう!普段あまり絵本には関心のないパパまで「本物みたい」と感心していました。
うちの娘はイチゴの絵が特に大好きで「んっんっ」と指でつまんで食べるまねをします。9ヶ月くらいから読んでますが果物好きな女の子にはたまらない絵本のようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かけがえのないもの  投稿日:2006/09/12
いのちのうた
いのちのうた 作: 村山由佳
絵: はまの ゆか

出版社: 集英社
鯨の親子の話です。この絵本は朗読CD付なのですが初めて朗読を聴いたとき私は泣いてしまいました。お母さん鯨の愛が胸に迫ってきます。まだまだ娘には早いかなと思いますが「死」の概念が分かってきたら読んでやりたい本です。
悲しいお話なのに同時に優しくお母さんの愛に溢れていますしなんといってもラストがすばらしいです。生きる力が力強く描かれています。命の大切さをこの本を通して子どもに伝えたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色合いがやさしい!  投稿日:2006/09/09
うさぎちゃんとゆきだるま
うさぎちゃんとゆきだるま 作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ

出版社: 教育画劇
この本は全体がやさしいです。グレーの背景の絵本は珍しいと思いますがうさぎちゃんの赤いマフラーと手袋がとても引き立っていて素敵です。表紙の絵もとてもかわいくてインテリアとして飾ってます。
うちの子はきゅっときゅっと雪を踏む足音やよいしょっと穴を覗きこむところがすきです。この絵本で娘とほっこりした時間を過ごしてます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だっこだっこ  投稿日:2006/09/08
なーんだ なんだ
なーんだ なんだ 作: カズコ・G・ストーン
出版社: 童心社
この本は娘が8ヶ月頃から読み聞かせています。娘には「こんにちわ」ができるように教えていたのですが、パンダさんがこんにちはの絵のところで「こんにちわ、は?」と促すとはりきってお辞儀するようになりました。
絵も色もシンプルで思った以上に喜んでくれてよかったです。最後のページはお母さんパンダが赤ちゃんパンダをだっこしている絵になっているのですがその絵を見せると必ず抱っこしてもらいに腕に飛び込んできます。優しい気持ちになれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1歳児でも!  投稿日:2006/09/08
せんたくかあちゃん
せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
この本は私が子どもの頃読んだものでとても強烈な印象が残っていたので今度は娘のために購入しました。
娘は1才3ヶ月なのでまだ早いかなーと思いながら読んでみるとなかなかどうしてちゃんと聞いているではありませんか!
声に出して読むと分かりますがこの本はリズムがいいんですね。内容も大人が読んでも面白いです。
洗濯物がいっぱい干されているところでは犬や猫を娘と一緒に探したり、かみなりさまが出てくるところは一緒に娘のおへそをのぞいて取られてないか確かめてみたり、楽しみながら読んでいます。娘もよっぽど好きなのか寝る前には必ずこの本を持ってきます。親子2代にわたってこの本のファンになりそうですね。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット