話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

さくそうさんの公開ページ

さくそうさんのプロフィール

ママ・30代・広島県、女5歳 男0歳

さくそうさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 楽しい絵本  投稿日:2011/07/31
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
題名もインパクト大ですが、内容も、要所要所にダジャレがちりばめられていて、思わず笑ってしまう絵本です。
娘もすかっりお気に入りで、何度も読んでとせがんだり、自分でも読んでいたり・・・特にうんこが「クッソー」と叫ぶセリフが好きみたいで、いつもそのセリフは熱を込めて読んでおります。
何も考えず、ただただ面白く読める絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 読んで納得  投稿日:2011/07/31
まくらのせんにん そこのあなたの巻
まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
本のサブタイトル「そこのあなた」というのを見て、(いったいどういう意味だろう?)と思いましたが、読んでみて納得しました。なるほど、そういうことか!と、一本取られたような気持ちになる絵本です。
絵も可愛いですし、メインキャラクターのまくらのせんにんとそのお付きのしきさん、かけさんのキャラクターもほのぼのしていて とても癒されます。
本というものはこういう風に読むものだ、という概念を覆してくれる楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいサーカス  投稿日:2011/07/22
どうぶつサーカスはじまるよ
どうぶつサーカスはじまるよ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
娘が保育所から借りて帰ってきた絵本です。
かわいい動物たちが次々登場してきて、色々なパフォーマンスを見せてくれる様がとても愉快です。
パチパチパチと拍手する場面では娘も一緒に拍手したり、ところどころに絵本の中の観客たちと一体化できるよな気持ちになれる場面があります。
娘もお気に入りみたいで、何回も「読んで」とせがまれたり、本人も弟に向かって読んでやったりしていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今でも大好き  投稿日:2011/07/05
こんなときってなんていう? ともだちできたよ
こんなときってなんていう? ともだちできたよ 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
娘が2歳の時にいただきました。
その娘も、今は5歳になりましたが、今でも大好きな本の1冊です。よく読んで欲しいと持ってきます。
今は、弟も出来たので、たまに弟に向かって読んでやっている姿がとても微笑ましいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 癒し  投稿日:2011/07/05
しばわんこの和のこころ
しばわんこの和のこころ 作・絵: 川浦 良枝
出版社: 白泉社
柴犬のしばわんこと三毛猫のみけにゃんこが日々の暮らしや人々の関わりの中から日本の伝統や習慣を教えてくれる絵本です。
とにかくしばわんこが可愛くて癒されます。
現代社会の中で忘れてしまった、古き良き習慣を思い出させてくれたりと、日本って良い国だなぁって再認識させてもらえる絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 核の恐怖  投稿日:2011/06/30
トビウオのぼうやはびょうきです
トビウオのぼうやはびょうきです 作: いぬい とみこ
絵: 津田 櫓冬

出版社: 金の星社
子供が保育所から借りて帰ってきて初めて読みました。
今まで読んできた絵本と違って、救いようの無い結末で終わります。初めは、これが幼児向けの絵本なのかと驚きましたが、核の恐ろしさを教えるのにはとても良い絵本だと思います。
第五福竜丸の悲劇をトビウオに置き換えた物語になっていますが、核とは人間だけではなくそこで暮らしている動植物達にも影響を与えてしまうものですよね。
この絵本を読んで、改めて核の恐ろしさを考えさせられました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 心にポッカリと穴があく感じ  投稿日:2011/06/30
戦争で死んだ兵士のこと
戦争で死んだ兵士のこと 作・絵: 小泉吉宏
出版社: KADOKAWA
物語は、とある池のほとりで一人の兵士が死んでいる場面から始まります。
それから時間軸を遡り、1時間前には・・・、○時間前には・・・、○日前には・・・、○年前には・・・という風にその兵士がその時点で何をしていたのかが語られていきます。
読んでいくうちに、その兵士は本当に特別ではなく、普通に暮らしていた一人の若者なんだということが判っていきます。その普通さに、誰でもその兵士になり得るのだと段々感情移入していきます。
その兵士が誕生したページでは、本当に祝福されて産まれてきたんだという事が伝わります。
戦争さえなければ、死ななかったかもしれないのに・・・。
一人の人間の尊さ、戦争の虚しさ・・・淡々とした絵本でしたが、それ以上に心に訴えかけてくる絵本でした。
参考になりました。 1人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット