オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

サンダーソニアさんの公開ページ

サンダーソニアさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女5歳 男4歳

自己紹介
HNのサンダーソニアは、私が大好きな花の名前です(^^)
子育て奮闘中!働くママさんとしても頑張っております♪

出産後、松居直先生(福音館書店相談役)の講演を聴く機会があり
そこで絵本の魅力にドド〜ンッとはまってしまいました。
今では子供達と一緒になって、素敵な絵本に1冊でも多く
であえることを楽しみながら読んでます。
好きなもの
踊ることが大好きです!
出産前はダンスをやっていて、しばらく休んでいましたが、
最近また始めて踊ってます(^^)
目標〜5キロ減量!!
ひとこと
娘。ノンタン→ジブリ・ディズニープリンセス系に走ってます。
息子。電車→カブトムシ・クワガタのムシキングにはまってます。
絵本もそういった辺りを探したりして読んだりもしてます。

オススメ絵本あったら教えて下さい〜♪

サンダーソニアさんの声

482件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 待ちぼうけ〜  投稿日:2008/09/16
さあちゃんのぶどう
さあちゃんのぶどう 作: みのしま さゆみ
絵: ふくだ いわお

出版社: くもん出版
お庭になっているぶどう、実るまでじっと待ち続けるさあちゃんのお話。

待っている間の様子がとても可愛くほのぼのと描かれています。
子供達も読んでいて、まだかな〜まだかな〜とさあちゃんのように待っていました。

結局待ちに待ったのに、そのちょっとした間に小鳥をはじめとする動物達に、おいしいとこ取りされてしまう可哀相なさあちゃんなのですが、
動物達には怒らないんですよね・・・、とっても平和主義者です(^^)
子供達は。え〜ひどいよ!と、はじめは言ってたのですが、優しいさあちゃんの行動に感心してました。

また来年・・・、今度はおいしいぶどうが沢山食べられるといいよね、さあちゃん!!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う こんなお話だったっけ!?  投稿日:2008/09/16
3びきのくま
3びきのくま 作・絵: ポール・ガルドン
訳: ただひろみ

出版社: ほるぷ出版
自分が小さい時も読んだことがあって、あ〜懐かしいなぁという気持ちでこの本を手にとりました。
でも、えっそうだったけ?と思うようなところが読んでいくうちにありました。
キャンディ(女の子)はくまがいない間にお家に入り込むのですが、小さなくまのベットで寝てしまいます、その後この絵本のキャンディは逃げてしまいますが、ん〜逃げたっけ?くまと仲良くなるんじゃなかったけ・・???
悪いことしておいて、謝らずに逃げてしまう・・・ん〜ちょっと残念です。

どちらにしても自分の記憶違い?作品によって少々仕上がりが違うのかしら?
他にも何冊か「3びきのくま」のお話があるようなので、是非読んでみたいです。
他の方のレビューにもありましたが、キャンディの顔が正直怖いです。
子供はかなり怖がってました(苦笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色んな国をさがしてます!  投稿日:2008/09/16
世界の国旗193
世界の国旗193 著者: グループ・コロンブス
監修他: 村越 愛策

出版社: 講談社
娘・息子共々国旗に興味があって、図書館に行ってはマークの絵本だったり、図鑑を借りてきたりしました。
1冊くらい手元にあってもいいかな〜と思い、本屋へ行き、この本を見つけました。
国の紹介を簡単な文章で、漢字入りで書かれていますが、ふりがなもついているので、ひらがなを読めるようになった娘はお気に入りでいつも見ています。

図鑑などは分厚く持ち運びの面では大変ですが、こちらの本はラクですよ。またなかなかお手軽な値段(¥683)、でお財布にも優しくお買い得でした(^^)
オリンピック開催中もTVをみては、色んな国をページをめくってはさがして盛り上がりました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぼくも〜!  投稿日:2008/09/16
カブトムシをみつけたよ
カブトムシをみつけたよ 作: 城戸律雄
絵: 長谷川 知子

出版社: ポプラ社
小学校の生活科で勉強する「身近な生き物、みつけよう育てよう」で扱うシリーズの8冊目だそうですが、我が子のように、カブトムシが大好きでたまたま手にとり読みましたが、幼児でも十分に楽しめる内容でした。
たけしのお誕生日のプレゼントからお話は始まります。
欲しいプレゼントはカブトムシ!
お父さんもお母さんもそんなに真剣でなかったものの、このプレゼントをきっかけにカブトムシとりに気合いが入ります。
しまいにはお姉ちゃんまで・・・。
ラストのたけしの一言には思わず笑ってしましました。
そして最近では、その一言を息子もよくマネをするようになりました(苦笑)
カブトムシが好きなお子さん、オススメの1冊です、読んでみてくださいね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心の奥深くに残ります  投稿日:2008/09/13
ちいさいかわのうた
ちいさいかわのうた 作: 武鹿 悦子
絵: 田頭 よしたか

出版社: ひさかたチャイルド
図書館の読み聞かせで司書の方に読んでいただきました。
内容的には我が子にとってはちょっと難しいかな・・・と思いましたが、絵も言葉もとても透明度があって、子供も私も思わず聞き入ってしまい、絵本の世界に入り込みました。

子供って海と川は全然違うものとしてとらえがちですが、この絵本を読むと実は川は海につながっていてとても大きなものなんだ・・・すごい!って感じることができたようです。

作品の壮大さにとても感動しました。
「海はお母さん」と書いてあった所がとても印象的でグッと心に響きました。
どの言葉も心深くまでズッシリと響き、そして残ります。
大人の方にもオススメな1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い!!  投稿日:2008/09/13
おすしのせかいりょこう
おすしのせかいりょこう 文: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 金の星社
先日たまたま回転寿司に行った事もあってか、娘がその時の様子を絵に描いてました。
「あ〜このあいだかいたのとおなじだ!」
持ってきたこの本、表紙の絵のように上手ではありませんが、ホント娘が描いたのと同じ感じで描かれていたんです。
娘はとても気に入って、早速一緒に読んでみました。

おすしネタの絵本はいくつか読んだことはありますが、おすしが世界を旅行!・・・
この発想の展開の斬新さに思わず、すごい!!面白い!!と、ホントに楽しめる作品でした。

また世界を旅するということで、色々な国も楽しめますよ。
エジプトはなかなか面白かったです。
また世界にとどまらず宇宙までいっちゃうところは大胆ですね☆

ホントに楽しかった!
今度回転寿司にいったら、回ってるお寿司を見て思わず、ここにいるの退屈なのかい?とお寿司達に聞いてしまいそうです(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ネコの気持ち・・・  投稿日:2008/09/13
ブチョロビッチョロはどこ?
ブチョロビッチョロはどこ? 作・絵: 大島 妙子
出版社: 学研
まずこの主人公のネコの名前、ブチョロビッチョロ・・・。
へんてこな、でもなんだかヨーロッパの貴公子を思わせるかのような高尚な名前とも感じます。(笑)
そんな名前に惹かれ、どんどん読んでいきました。
ネコって子供が嫌いというかうっとうしい存在、ん、んわかるな〜と大人の私は思わずうなづいて読んだ作品です。
子供達はブチョロビッチョロがいなくなってしまった時は本当にどこへいったのかな〜と心配してました。
なんだかんだと戻ってきたチョロビッチョロ・・。
でもやっぱり子供との関係はついたり離れたりの関係なのね。
ブチョロビッチョロの表情も豊かですよ、是非一読を・・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 豪快だよ!  投稿日:2008/09/13
すっぽんぽん
すっぽんぽん 文: 中川 ひろたか
絵: 藤本 ともひこ

出版社: 世界文化社
表紙の裸の男の子の絵を見て気に入った息子・・。
早速図書館で借りてきて読みました。
男の子が着ているものを、次から次へと脱ぎ捨てていくのですが、その大胆さがいいですね☆
ストーリーもイラストも、豪快に描かれていて、読んでいるこちらも気持ちいいものです!
特に、波にのって男の子が両手をあげている姿は見物ですよ(^^)
読みながら、あ〜息子もこの男の子のようにたくましく、元気に育ってほしい・・と感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リアルに描かれてます!  投稿日:2008/08/05
フレーベル館だいすきしぜん(むし) くわがたむし
フレーベル館だいすきしぜん(むし) くわがたむし 絵・文: 安永 一正
出版社: フレーベル館
クワガタやカブトムシが大好きな息子・・。
この絵本も表紙のクワガタに惹かれて、即座に手にとりました。
リアルに描かれていて息子はすっかりはまっています!
クワガタの横からみた所や裏返しにしてみた所などの
いろんな方向から見たクワガタが描かれているので、
身近に感じられますね。
図鑑などでは、名前をカタカナで書いてあったりするのもあるのですが、
こちらはすべてひらがなで書いてあるので、最近ひらがなを覚えた息子にとっては読める楽しみもあるようです(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 記念すべき大事な1冊!  投稿日:2008/08/05
みんな だいじな なかま
みんな だいじな なかま 作: 中村文人
絵: 狩野 富貴子

出版社: 金の星社
このお話は娘が学芸会の劇でやったものでした。
ひょんなことから、このお話は絵本でも読めるということを後日知り、どうしても絵本で読み直したい!読んでみたいと思い、購入しました。
両親を亡くしたオオカミのハヤトとサルのお話なのですが、
最初は険悪なムードでなかなか仲良くなれません。
でも優しさと勇気を持つことで人は心を通わせることができるのです。
「嬉しい時も悲しい時も仲間がいれば、きっと乗り越えられる。」
そんな素敵なメッセージをくれた絵本でした。
娘にとってこれからもこの絵本は、記念すべき大事な1冊になると思います。
参考になりました。 1人

482件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット