話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる

nikoniko**さんの公開ページ

nikoniko**さんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子17歳 女の子13歳

自己紹介
こんにちは。
小学生の息子と幼稚園児の娘の母親です。
子どもの頃から本が大好きで、毎週家族で図書館に行っていました。
大学で図書館司書の資格を取り、図書館のおはなし会で読み聞かせしたり、本屋でアルバイトをしたりもしましたが、全然違う職に就いてしまいました。。
今は子どもと一緒に毎日絵本を楽しんでいます。

絵本の時間は、ゆったりした時間が流れて、親子共に幸せな時間ですね。
好きなもの
自然の中で遊ぶこと。
子どもが生まれてから、自然の魅力に気づかせてもらいました。

木の実が大好きです。
子どもと一緒に木の実拾いをしたり、工作を楽しんでいます。
(どんぐりトトロや松ぼっくりのツリーなど)
どんぐり銀行の通帳を作りました。

手芸(子供服など)、ビーズアクセサリー作り、フェルト羊毛の小物作り
家庭菜園や寄せ植え

パン作り(手捏ね)や料理を子どもと一緒に楽しむこと。
自然食、マクロビオティックにも興味があります。
(愛知県の自然食レストランにも何軒か行きました。)

シュタイナー教育などの本を読むのも好きです。
シュトックマーの蜜蝋クレヨンや透明水彩絵の具で子どもと楽しんでいます。

新築してからピアノを毎日弾いています。
ママさんブラス(吹奏楽)にも入会しました。フルート担当です。
ひとこと
好きな作家は、レオ・レオニ、アンドレ・ダーハン、エリック・カール、バーバラ・クーニー、バージニア・リー・バートン
内田 麟太郎、いわむらかずお、いとうひろし、あきやまただし、村上康成、中川ひろたか、林明子、中川 李枝子、酒井駒子、木村裕一、長新太、など。

感動する絵本から面白い絵本まで、たくさん読みたいと思います。
毎週図書館で30冊ほどの絵本を借りて楽しんでいます。
(半分くらいは借りたことのある絵本です。
やはり子どもは愛着のある絵本を選びますよね。)

また絵本作家のエッセイ集などを読むのも好きです。
(「ぼくらのなまえはぐりとぐら」「14ひきのアトリエから」(いわむらかずお)「絵本があってよかったな」(内田麟太郎)「絵本作家日記2」(長新太)など)
おすすめの本があれば教えてくださいね。

【追記】
『大人のための絵本ガイド』に私の感想が掲載されました。
(にんにんにこにこのHNで、『とっときのとっかえっこ』の感想です。)
ブログ/HP
愛息子、愛娘、愛猫のこと。
自然、お出かけ(愛知県や岐阜県)、写真、雑貨屋、手芸、料理、絵本や本の紹介。
何でもありのブログですが、よかったらのぞいてください。

nikoniko**さんの声

408件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 「そだててあそぼう」  投稿日:2007/09/12
オクラの絵本
オクラの絵本 作: むらかみ つぎお
絵: すぎたひろみ

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
家庭菜園をしている我が家。
この夏、オクラは毎日採れておいしく食べて、3歳の息子と日々観察していました。

この「そだててあそぼう」シリーズは全55巻。
一つの植物についてこんなに詳しく書かれた絵本は他にないですよね。

オクラを育てているのに、知らないことだらけ。
オクラってアフリカの野菜だったんだぁ。
日本語ではなく、西アフリカの言葉「ンクラマ」がなまったものなんだと知りました。

オクラの育て方はもちろん、オクラの使い方まで載っていて目から鱗でした。
種を炒って代用コーヒーとか、ドライフラワー、ぬめりをのりに紙すきとか。
これは是非やってみたいなぁと思います。

このシリーズ、家で育てている野菜について詳しくわかり、ますます興味が出てきますね。
子どもと一緒に「そだててあそんで」楽しもうと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな風に育ってほしい  投稿日:2007/09/11
ゆうだち
ゆうだち 作・絵: 阿部肇
出版社: ポプラ社
夏に読めてよかった!
ちょうどこの絵本を読んだ次の日、夕立ちを経験しました。
田舎の川でのこと。
同じようにバケツを持って走って雨宿りしたものです。

絵本の中の夕立ちは、男の子たちの心を一つにしたんでしょうね。
ザリガニ釣り、秘密基地・・・私も子どもの頃楽しかった記憶が今でも残っています。

3歳の息子にもそんな経験させてあげたいなぁと思いながら、今の時代、なかなか子どもだけで遊ぶということもできないですよね。
異年齢の中、一番下で、お兄ちゃんたちに認めてもらったうれしさ。
じんわりじんわりと伝わってきて、感動しました。

息子にもこんな風に育ってほしい、と思うお話でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やってみちゃった。  投稿日:2007/09/10
ばばばあちゃんの アイス・パーティ
ばばばあちゃんの アイス・パーティ 作: さとう わきこ
協力: 佐々木 志乃

出版社: 福音館書店
今年の夏は本当に暑かった。。
この絵本もそんな時期に読んで、楽しみました。
お菓子を入れちゃったり、中にはおもちゃまで!?
実験みたいで楽しいですね。
フルーツはやってみました〜。おいしかった。
花もやってみましたよ。涼しげでよかったです。
今度は紅茶を凍らせてみようと思います。

息子が一番やってみたかったことは・・・
最後にばばばあちゃんがしていた、お風呂でアイスを食べること!でした(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しい家族が来たとき・・・  投稿日:2007/09/09
ぼくのこともわすれないでよ
ぼくのこともわすれないでよ 作・絵: シャーロット・ミドルトン
訳: 三辺 律子

出版社: ほるぷ出版
新刊絵本コーナーでかわいいなぁと手にとったこの絵本。
3歳の息子もお気に入りになりました。

アンナの飼い犬、ダドリーは毎日楽しく暮らしていました。でも、新しい家族カメレオンのぺキートが来ると様子は様変わり。
アンナを取られてしまって、みんなもぺキートに夢中。
そんなとき・・・

新しい家族が来て不安な気持ちがかわいく描かれています。
そして、自分の役割を見出したとき、自信がつく。。
素敵なことだと思いました。
二人目のお子さんが生まれたときにも、当てはまることかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい テーマの面白さと美しいしゃしん  投稿日:2007/09/09
今森光彦 昆虫記
今森光彦 昆虫記 文・写真: 今森 光彦
出版社: 福音館書店
ブログのお友達に勧めてもらった本ですが、本当にいいです!
図鑑ではないんだけど図鑑に近いくらい色んな昆虫が登場する。
図鑑にはない面白さもあって、写真をじっくり楽しんだり、読み物としても楽しめます。

今森さんの写真は本当に美しいですね。
昆虫が今にも動き出しそうです。

月ごとにどんな昆虫がいるかがわかります。
今森さんの日々の記録(12年間のフィールドノートをまとめたもの)だそうです。

テーマが面白いし(幼虫の顔、紋当てゲーム等)、1匹の昆虫をずっと追っている写真がすばらしい!
こういうのを見たかったのよーという感じです。

夫もこの本にはまり、家族みんなで見て楽しんでいます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う かわいいカエルと環境問題?  投稿日:2007/09/09
グリンピースのいえ
グリンピースのいえ 作: 及川 賢治 竹内 繭子
絵: 及川 賢治 竹内 繭子

出版社: 教育画劇
昔からカエル好きだった私。
そして息子もそれを受け継いでいるよで、この絵本を見たとき離しませんでした。
絵本の中のカエル、グリンピースもかわいい!
グリンピースの缶詰が家というところもいいですよね。

地面のずっと下にある、グリンピースの家。
息子はピアノのソファにいいなぁと言っていました。
他にも楽しそうなところばかり。
でもそれは、人間が捨てたもの?なんですよね。
それを宝物に変身させてしまうグリンピースくんに感動すると同時に、環境問題をも考えてしまいました。
息子はただ単に、かわいい、かわいいと言っていましたけどね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大切なぬいぐるみと空飛ぶ電車  投稿日:2007/09/08
つきがまあるくなるよるに ぬいぐるみいあんりょこう
つきがまあるくなるよるに ぬいぐるみいあんりょこう 作・絵: 大坪奈古
出版社: 新風舎
女の子、ピソカと子猫のぬいぐるみメイティの心温まるお話です。
つきがまあるくなるよるに、ぬいぐるみたちはこっそり出かけて行く。。
本当にそんな世界がありそうな気がしました。

メイティはその、ぬいぐるみ慰安旅行で、電車に乗り遅れて帰って来れなくなります。
ピソカとメイティは・・・

息子も大切にして、毎日一緒に寝ているぬいぐるみがあります。
だからか、心配そうに話を聞いていました。

月へ向かって行く、空を飛ぶ電車にも、「乗ってみたいなぁ。」と言っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虹の作り方が載ってる!  投稿日:2007/09/04
にじ
にじ 作: さくらい じゅんじ
絵: いせひでこ

出版社: 福音館書店
だれでも虹を見るとうれしくなりますよね。
この絵本は男の子の疑問から始まります。
「にじをうえからみたら?」
「うらがわからもみえるかな?」
色んなところから見たら、どうみえるんだろう。

私も一緒になって疑問に思いました。
でも夫はそんなの当たり前、って感じでしたけど。。

この絵本にはその答えがしっかり載っていて、虹の作り方まで載っているんです。
最近、毎朝虹を見ます。
庭の水遣りのときに。。
そうか、そういうことだったのか、と納得しました。

息子には少し難しい内容でしたが、これから虹を作ったときに教えてあげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 細かいところまで楽しめる  投稿日:2007/09/04
とびきりおいしい スープができた!
とびきりおいしい スープができた! 作・絵: ヘレン・クーパー
訳: かわだ あゆこ

出版社: アスラン書房
これまでシリーズの順に読んできました。
3作目は、かぼちゃがない?
魚スープ、きのこスープ、ビーツスープを作るも、アヒルはどれも食べようとしません。

今回は一段と絵が細かくて、何度も読み返して楽しみました。
脇役の虫たちの様子がまたかわいい。
色鮮やかな絵にもまた見惚れてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒に遊びたい!  投稿日:2007/09/04
くじらいぬ
くじらいぬ 作・絵: あきやま ただし
出版社: ポプラ社
あきやまさんの描くキャラクターって、かわいい♪って感じではなく愛嬌があって憎めないって感じでしたが(私だけ?)
このくじらいぬは、心からかわいい♪
くじらといぬが合体したようなくじらいぬ。
一緒に遊びたいなぁと思ってしまいました。
滑り台や水遊び、くじらいぬがいたら楽しそうだなぁ。
息子も「いいなぁ。ぼくも遊びたいなぁ。」と言っていました。
参考になりました。 0人

408件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット