5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…

ぴぐぺんさんの公開ページ

ぴぐぺんさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子17歳 男の子13歳

自己紹介
絵本にハマってます!
毎晩 読み聞かせと称して 子供に付き合ってもらってます!
素敵な絵本の世界に もっともっと 出会いたい!

ぴぐぺんさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 単純なようで深くて、とても哲学的  投稿日:2012/11/06
あな
あな 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 福音館書店
まず絵本の開き方が面白い。
閉じ位置を上にして横長を縦長に開く(ん?わかりにくい?)
谷川俊太郎さんだからなのかは定かではないが、世界的に有名なあのビーグル犬のようなぬいぐるみも登場☆
内容は、単純なようで深くて、とても哲学的
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いい絵本は時代を超える  投稿日:2012/11/06
とこちゃんはどこ
とこちゃんはどこ 作: 松岡 享子
絵: 加古 里子

出版社: 福音館書店
さすが かこさとしさん!(絵)
昭和の香りが漂うけれど、けして色あせない可愛さ
ちょっとサザエさんを彷彿とさせる和やかさが素敵です。
とこちゃん以外にも楽しい探し物がたくさんありますよ
なんと、初刊は1970年!いい絵本は時代を超えますねぇ^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「海賊」好きにはたまらない一冊  投稿日:2012/10/20
こうしてぼくは海賊になった
こうしてぼくは海賊になった 作: メリンダ・ロング
絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
「海賊」のキーワードで 気になり手に取る
これは かなり当たり!
海賊たちの陽気で自由な海の生活と
甘えるところのない厳しさと
海の脅威に立ち向かう勇気
これまた陽気で表情豊かな絵が雰囲気に合っていてすごくいい
「海賊」好きにはたまらない一冊ですね。
いらぬ深読みから、暴走妄想までできそうです^^;
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おいもを用意してからよんでください^^  投稿日:2012/10/19
いもほりやま
いもほりやま 作・絵: 山岡 みね
出版社: 岩崎書店
読み聞かせにはもってこいの楽しい絵本だと思います。
1ページの文字数は多くないのですが、
見ごたえのある絵がページごとに続き、
先は気になるけど 絵も見たい!
そして読み終わると 焼きいもが食べたくなる
そんな秋を満喫できる一冊です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う チンチンて!!!  投稿日:2012/10/17
はしるチンチン
はしるチンチン 作・絵: しりあがり寿
出版社: 岩崎書店
題名で侮ることなかれ。
尻込みしていたら、もったいない
思わず親子で笑ってしまう展開と
思わず胸がキューっと涙がでそうな展開
子供は宝 そしてその宝は大きな大きな愛で包まれてる
表紙と題名からは想像もつかなかった満足感がありました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「いそがしい」の真意  投稿日:2012/10/16
くんちゃんはおおいそがし
くんちゃんはおおいそがし 作・絵: ドロシー・マリノ
訳: 間崎 ルリ子

出版社: ペンギン社
「何もない時間」が大切
あとがきで訳者が語るとおり、子供は「何もない」ところから遊びを見つけ出す天才です。
必要なのは、おもちゃやテレビ、ゲーム機なんてものではなくて
観察力と想像力
それらを育てるには 自然と絵本とスキンシップが「先生」
子供には、こんな育ち方をしてほしいなぁ
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 子供の心 がっちり☆  投稿日:2012/10/15
いえでだブヒブヒ
いえでだブヒブヒ 作・絵: 柳生 まち子
出版社: 福音館書店
子供なら だれにでも ある経験や 感情
けっきょくは、、というオチなんだけど
読んでも聞いても楽しくリズム感のある文脈で
5歳のチビは、聞きながら大笑い
実生活でも 家出だブヒブヒ と 他の家の事情を覗いてみると
面白いかもしれない
やっぱりおうちがいちばん☆と 帰ってきてくれるかしら?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りんごがたべたくなります☆  投稿日:2012/10/15
りんご畑の九月
りんご畑の九月 文: 後藤 竜二
絵: 長谷川 知子

出版社: 新日本出版社
開いたページから りんごのあまずっぱい薫りがしてきそう
農家の子供たちが 仕事を手伝ったり
りんごどろぼう対策に打って出たり
子供の労働の大切さを 感じるお話です
けっきょく 泥棒が誰だったのか、、、
それを突き止めることなんて 関係なくて
おにいちゃんが ぼそっと つぶやく 一言が妙に的を得ている気がして。
りんご畑に行きたくなる、りんごをガブリとかじりたくなる。そんな一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 国民的メニュー☆  投稿日:2012/10/14
パパ・カレー
パパ・カレー 作・絵: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
たまねぎ じゃがいも にんじん ぎゅうにく。。。
ザッツ日本の国民食☆カレー
余計な 説明なんて いらない
切る 炒める 煮る 食べる
なのに なんて奥の深い食べ物なんだ!
これを 読んだ 次の日は「カレー」ってうちが多いんじゃないかなぁ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界を変える一冊  投稿日:2012/10/14
3びきのかわいいオオカミ
3びきのかわいいオオカミ 作: ユージーン・トリビザス
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: こだま ともこ

出版社: 冨山房
「3びきのこぶた」のパロディ とのフレコミで手にとってみる
パロディなんてかわいいもんじゃない!
はちゃめちゃな展開に、読んでる私も見てる子供もページをめくるたびにドキドキする。
そして最後になんともいえない感動☆
武装することが平和への道ではなく
感動を共有できる心が平和への一歩なのだ と実感できる
3匹のこぶた以上に お勧めしたい一冊
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット