しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

みそらさんの公開ページ

みそらさんのプロフィール

ママ・30代・富山県、女0歳

自己紹介
絵本大好きな新米ママです。
娘が3ヵ月になったころから絵本の読み聞かせをはじめました。
好きなもの
本のある空間、映画館、喫茶店、お散歩。
ひとこと
たくさんの素敵な絵本と出逢えることを楽しみにしています。

みそらさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しい言葉遊び  投稿日:2008/04/24
さよなら さんかく
さよなら さんかく 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
9ヵ月の娘のお気に入りです。
最初は表紙のこぐまちゃんとしろくまちゃんを見て
喜んでいたので読んでみました。
おうたに合わせてページをめくると、
言葉遊びとカラフルな絵が楽しいみたいで、
集中して絵本を見ています。

もう少し大きくなったら、おうたを歌いながら、
「なあに」を当てっこして読んでいく楽しみがありそうです。

表紙をめくるとすぐに「さよならさんかく〜」と始まるのがいい。
最初と最後は「さよならさんかく またきてしかく」なので、
エンドレスになりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色彩の魔術師ワイルドスミスの魅力  投稿日:2008/04/21
ワイルドスミスのABC
ワイルドスミスのABC 作・絵: ブライアン・ワイルドスミス
出版社: らくだ出版
ブライアン・ワイルドスミスさんといえば、
いつも色彩豊かで大胆な絵に圧倒されます。
これもただのABC絵本ではありません。
1ページ1ページの完成度が高くて、
ずーっと眺めていたくなります。

言葉を覚えるためじゃなく、
英語の勉強のためじゃなく、
色彩の魔術師ワイルドスミス氏の
魅力を存分に味わいたい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のんびり、ゆったりとした気分で  投稿日:2008/04/21
かばくん
かばくん 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: 福音館書店
動物園にのんびり、ゆったりとした空気が流れていて、
読んでいてとっても温かい気持ちになります。

9ヵ月の子にはまだ早いかなと思いながら、
読み聞かせをしてみました。
ところが、意外と反応がよくてびっくり。
かばくん、かばのこ、かめのこの3匹が
並んでいるページにくると、
一生懸命手を伸ばして触ろうとしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぜひ0歳から  投稿日:2008/04/21
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
9ヵ月の娘にはまだ早いかなと思いながら、
読んでみたのですが、表紙を開いた瞬間から、
色彩の豊かさにバッチリはまったみたいです。
絵本ナビでは「ぜひ0歳から」おすすめと
いうことだったので、納得です。

我が家には中古で買ったのもと、
出産祝いで頂いたものの2冊があったので、
中古の方を思い切り触らせてあげることにしました。

次々出てくるくだものと穴に興味深深。
特に美味しそうなケーキやアイスが
並ぶページはものすごい食いつきようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 当てっこしながら読んでみよう  投稿日:2008/04/21
うしろにいるのだあれ みずべのなかまたち
うしろにいるのだあれ みずべのなかまたち 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 幻冬舎
動物の絵がやさしくて、ほんわかとした気分になります。
「うしろにいるのだあれ?」と子どもと一緒に
当てっこしながら読むのが楽しそうです。
最後のページまでくると、また最初から読みたくなります。
9ヵ月の赤ちゃんでも、集中して絵を見つめていました。

想像力をかきたてられる構図と
文字の大きさが気に入っています。
『うしろにいるのだあれ』シリーズは
第4弾までありますが、ぜひ他のも読んでみたい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いま、一番のお気に入り  投稿日:2008/04/19
コップちゃん
コップちゃん 作: 中川 ひろたか
絵: 100%ORANGE

出版社: ブロンズ新社
お友達からいただいた絵本。
5ヵ月のころから娘に読み聞かせたら、すぐに気に入り、
9ヵ月の今は一番のお気に入りみたいです。

シンプルでリズミカルな文章と、
コップちゃんのかわいらしい表情がいいのかな。
「いないいないばぁ」のところは、
何度読んでも声を出して笑います。
「いないいないばぁ」が好きな時期でもあるけれど、
絵本でもこんなに受けるのは面白いです。

シリーズでぜひそろえたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おうた遊びに最適  投稿日:2008/04/19
きいてうたって!どうよううたのえほん
きいてうたって!どうよううたのえほん 出版社: 永岡書店
出産祝いにいただきました。
お友達の4歳の娘さんのオススメセレクトです。

はじめは曲を聴かせて、うたってあげるだけでしたが、
8ヵ月になってからは、ボタンを押すのが好きなので、
この本を触らせてみました。
ちょっとしたDJみたいに、
いろんな曲のボタンを押して遊んでいました。

歌詞はもちろん、手遊びの解説付き、
曲もカラオケと歌入りを選べるのがいい。
だれもが知っているけど、1番しか知らない童謡も
一緒に覚えられそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はじめて笑った絵本  投稿日:2007/11/01
カニツンツン
カニツンツン 作: 金関寿夫
絵: 元永 定正

出版社: 福音館書店
3ヵ月になった娘に読み聞かせをはじめました。
産まれたばかりの赤ちゃんにオススメされていた絵本を何冊か読んでみたところ、
この本の時だけ声を出して「きゃっきゃっ」と笑っていました。
不思議な言葉の響きとカラフルな絵がツボだったのかな。
おしゃべりできるようになったら、一緒に声を出して読む楽しみがありそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママの粋なはからい  投稿日:2007/02/03
ロンパーちゃんとふうせん
ロンパーちゃんとふうせん 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 白泉社
繊細なタッチの絵と流れるような文章に引き込まれました。
感受性豊かなロンパーちゃんを抱きしめたくなります。
そして、ロンパーちゃんのママの粋な計らいに感心します。
最後のページでは、「ああ、だから黄色い風船なんだ」と納得。
本当によくできたお話です。

図書館で借りてすっかりはまってしまいました。
酒井駒子さんの他の作品と合わせて手元においておきたい!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろだまの大冒険  投稿日:2007/02/03
ころころころ
ころころころ 作・絵: 元永 定正
出版社: 福音館書店
「もこ もこもこ」と並んで大好きな作品。
カラフルないろだまの大冒険は読んでいて楽しくなります。

甥が3〜4歳の頃、気に入って自分で何度も読んでいました。
繰り返し読むうち話がふくらんできます。
いろだまは時々現実の世界に飛び出して、
机の上や人の体の上を「ころころころ」と転がっては、
本の世界に戻って「しゅうてん」に辿り着きます。

子どもにとっては、本の中も現実も境目はなく、
どちらも自由に行き来できるのだと思いますが。
そんな豊かな想像力に感心させられたことを思い出します。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット