新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる

moritomoさんの公開ページ

moritomoさんのプロフィール

ママ・40代・茨城県、男の子9歳

moritomoさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自然とリズミカルな読み聞かせに。  投稿日:2013/04/22
あがりめ さがりめ
あがりめ さがりめ 作・絵: いまきみち
出版社: 福音館書店
息子が6ヶ月の頃から読んであげています。

11ヶ月の今、ものすごく気に入っているようで、何度も何度も読んでとせがまれます。
読み手もあがりめさがりめといないいないばあ、のお馴染みの言葉が繰り返すので、自然とリズミカルに読むことができ、大変読みやすいです。

絵も鮮やかな黄色と青で目を引きますし、本の大きさも持ちやすく、扱いやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動きに注目します。  投稿日:2013/04/22
おつむ てん てん
おつむ てん てん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: 金の星社
11ヶ月の息子に読んでいます。

8ヶ月くらいの頃から読み始めました。
息子は淡い絵があまり好きではなかったので、なんとか気をひこうと、おつむてんてんと息子や私の頭をトントンとして読んでいました。
今では大のお気に入りで、おつむてんてんと言う言葉に合わせて私が頭をトントンとするのを待っているように見えます。

いつか自分でおつむてんてんとやってくれたらかわいいだろうなぁ、なんて想像して読んでいます(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネコの登場するシーンが大好き!  投稿日:2013/04/19
ことり
ことり 作: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
11ヶ月の息子に読んでいます。
ことりが、いちわ、にわ、さんわ、と増えていくお話です。
息子が大好きなのが、10羽揃った後にネコが登場するシーン。
ここに来ると手をバタバタさせて「あーあーあー!」と喜びます。

中川ひろたかさんの絵本はつみきも大好きですが、この二つに共通しているのが、最後「あーあ」で終わるところ。
そのせいかある日キッチンを覗きながら「あーあ、あーあ」と言っていました(笑)

中川ひろたかさんの絵はとても柔らかくて、色も鮮やかで大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1日に何度もリピートします。  投稿日:2013/04/10
くっついた
くっついた 作: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
図書館で借りてきたら、息子があまりに気に入ったので購入しました。

金魚さん、あひるさん、ぞうさん、おさるさんがチュっとしたり、鼻や手を繋いでくっついていきます。
絵そのものがとても可愛らしく、色使いもとても美しい絵本です。
11ヶ月になる息子はそのくっつく様子を釘付けになって見ています。

最後、パパとママとわたしがくっつく場面の「わたし」の顔がとても可愛らしく、読んでるこちらも息子をぎゅっとしながらホッコリする絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切な一冊。  投稿日:2013/04/10
おひさま あはは
おひさま あはは 作: 前川かずお
出版社: こぐま社
11ヶ月の息子に読んでいます。
とにかく大好きです!
色鉛筆で描かれた優しいたくさんの笑顔。
「あはは」という言葉は読み手の声を自然と明るく大きくさせます。

読み終わった時の心地よい幸せな時間は何度でも味わいたくなります。

赤ちゃんと言わず、大人でも肩の力を抜いて無条件で笑顔になれるこの本は大切な一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 0歳には早すぎたようです。  投稿日:2013/04/10
あおくんときいろちゃん
あおくんときいろちゃん 作: レオ・レオーニ
訳: 藤田 圭雄

出版社: 至光社
11ヶ月の息子のために図書館で借りてきました。

これまで読んできた絵本とはタイプが違うので反応が気になりましたが、やっぱり難しかったようです。

あおくんときいろちゃんの優しい色彩が合わさると緑になる。
幼い頃、初めて絵の具を手にして、自分で色を作り出した時の感動を思い出します。
このことがわかるようになる頃、もう一度息子に読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めてストーリーを理解した本です。  投稿日:2013/04/09
つみき
つみき 文: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
現在11ヶ月の息子には2ヶ月の頃から絵本の読み聞かせをしています。
絵本については、非常に集中して聞いてくれるのですが、どの本も決して反応は豊かではありませんでした。

ところがこの絵本については、つみきの表情で笑い、ゆらゆら揺れるシーンでは、「あーあーあー!」と声を出し、手をバタバタさせ、ガッシャーンと崩れるつみきが崩れるシーンでは大笑い!

今では本がなくとも、「つみきひと〜つ」と言っただけでニヤッと笑い揺れるシーンでは私と一緒になって揺れたり、崩れる場面ではお布団にどさっと倒れるだけでも大笑い!

息子にとっては初めてストーリーが理解できた本なのかも知れません。
参考になりました。 3人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット