ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ミルクティ

ママ・30代・埼玉県、女5歳 男2歳

  • Line

ミルクティさんの声

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 評判どおり☆  投稿日:2006/08/21
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
下の子の出産のお祝いに友人に頂きました。
知らなかったのですが、かなり有名な絵本だったのですね。
評判どおり、赤ちゃんの時から、現在2歳になっても、ずーっとお気に入りの1冊です。
うちの子たちは、気に入ると何度も読むせいか、親が読んだ後に後読みするんですよね、この本は、全文後読みが入る、大好きな本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うわ〜ぶつかる〜  投稿日:2006/08/21
ありのあわわ
ありのあわわ 作・絵: つちはし としこ
出版社: 福音館書店
上の子も、下の子も、お気に入りになった1冊。
正直、親の私は絵が好きになれなかったのだけど。。。
本を読む後から、二人とも必ず自分で口に出して読んでいました。あわわ♪とか、うわぁ〜、とか喜んで楽しそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパといっしょに  投稿日:2006/08/21
えんにち
えんにち 作: 五十嵐 豊子
出版社: 福音館書店
ほぼ文章のない絵本です。
私は、そういう本を読んであげるのが苦手なので、うーん、と思っていたら、パパが読んで(?)くれて、しかも、かなり盛り上がっていました。
えんにちが始まるまでの準備や、この屋台は・・・なんて説明して、子供も目をキラキラして夢中になってました。
パパは、おめんのキャラクターに懐かしがってました(年がバレるよ〜)。
最近の縁日は、ごくあっさりしたものが多いので、子供はとてもうらやましがっていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シュール  投稿日:2006/04/18
ハエをのみこんだおばあさん
ハエをのみこんだおばあさん 作・絵: シムズ・タバック
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
なんかシュールな絵本だなぁ、と思ったら、アメリカで歌われてる童謡(?)がベースなのですね。
マザーグースみたいなものでしょうか???
娘が自分から図書館で選んだのですが、最初、「えっ???なにそれ?」
でも、なかなか楽しいしかけだし、小さい子でも意味わからなくても(私も意味分からない)おもしろい絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい びっくり!楽しい!  投稿日:2006/04/18
くろくんとふしぎなともだち
くろくんとふしぎなともだち 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
「くれよんのくろくん」も、あっ!というしかけがありましたが、こちらも最後に親の私も「あっ!」と驚きました。
まったくの予想外で、楽しくて、親も子も大満足でした。
作者の優しく明るい絵と、オチのあるお話が大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も何度も  投稿日:2004/12/15
たまねぎあたまのたまねぎこぞう
たまねぎあたまのたまねぎこぞう 作: 二宮 由紀子
絵: スズキ コージ

出版社: ポプラ社
???いったいこの本はなんなの???
と、いうのが親の感想。
子供は大好き。
意味はないけど、声に出すとおもしろい調子ぐあい。
絵は一般的なかわいさからはほど遠いけど、
女子高生とかに人気がでそうなキャラクター。。。
読めば読むほど楽しい本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しょうじきなねずみくん  投稿日:2004/04/19
コップをわったねずみくん
コップをわったねずみくん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
言い訳をどんどん考えていくねずみくんに、
子供もにんまり。

どんどん、どんどん考えていくけど、
最後は結局、「ぼくが割りました」って言うんですよね。
そこがやっぱりいいな、って思う。
子供はあんまりわかってなかったかもしれないけれど。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あれれ〜(笑)  投稿日:2004/04/19
とりかえっこ!ねずみくんのチョッキ
とりかえっこ!ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ねずみくんシリーズのなかでも、3歳の娘にも
理解できやすかった(とはいえ、何度も読み返して)1冊。

最初は「???」だったけれど、大好きなシリーズなので
何度も読み返すうちに、
最後のページで、「これはあひるさんので、これはぞうさんので・・・」と、ずれていったものたちをさして、笑っていました。
単純だけど「あれれ〜?(笑)」と喜んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 助け合いって大事だね  投稿日:2004/04/19
りんごがたべたいねずみくん
りんごがたべたいねずみくん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ねずみくんシリーズの中でも、私自身が、この本は
いいなぁ〜、と思った本です。
それぞれの動物にはそれぞれ得意なこと、「個」があって、
ねずみくんが「自分にはなにがあるだろう」と考える。
最後にあしかくんと一緒に協力し合って、
得意なことをたして、足りないところを補う。
・・・なんだか、子供向けだけの本ではない気がします。
シンプルなだけに、悩んでいる高校生や、就職を控えて悩んでいる人などにお勧めしたいです。
いつもねずみくんシリーズで思うのですが、
そんなにシリアスに考えなくても、
十分楽しい絵本なんですけどね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい びっくり  投稿日:2004/04/19
ねずみくんとブランコ
ねずみくんとブランコ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
ことりさんがのっているブランコ、「重いからだめ」
と、ほかの動物をつぎつぎ断っているけど、ねずみくんは
のせてあげる・・・、そこまでは、このシリーズに多い
繰り返しで、親の私もたんたんと読んでいたのですが、
このブランコが、実は!というところで、
思わず、「あぁ〜!」とびっくり、感心してしまいました(笑)。
なるほど、これでは、ほかの動物さんたちは乗れませんね。
いじわるネコくんも、おなじみの「悪役キャラ」みたいで
大好きです。
ことりさんの親が、ネコくんを叱るところも、いいなぁ、
と思いました。
参考になりました。 0人

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット