新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

コップをわったねずみくん

コップをわったねずみくん

  • 絵本
作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1980年06月
ISBN: 9784591004944

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
24.5cm x 21.5cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「ねずみくんの絵本」の魅力は、ねずみくんの持つキャラクターの魅力はもちろん、
ねずみくんが子ども達と同じ目線で喜んだり、悩んだりするところだと思います。

今回のおはなしは、コップを運んでいたねずみくんが、
つまずいてコップを割ってしまったところからはじまります。
おかあさんに怒られることを恐れたねずみくん。
別の誰かがコップを割ってしまったことにしようと考えます。

ゾウさんが割ったことにしようかな…
キリンさんかな…あしかくんかな…それともやっぱり、ねみちゃんにしようかな…。
「どっちに したって だれかの せいに しちゃえば いいんだ」と
安心しきったねずみくん。でも、そこに現れたのは…?

シリーズの中でもねずみくんの怒った顔がずっと続くこの作品。
もしかしたら我々大人の怒った顔って、
子どもたちにこんな風に見えているのかも…と考えると、
日頃、怒ってばかりの自分を反省する気持ちも出てきそうです。

でも、ねずみくん、正直が一番気持ちがいいよね!

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

正直に謝ること

コップを割ってしまったねずみくんが、お母さんへの言い訳を考えるお話でした。
「ねずみくん、ちゃんと謝らないのかな?」と、子どもと心配をしながら見ていましたが、結末はちゃんと子ども向けの絵本でした。
絵本をとおして、「正直に謝ることの大切さ」を子どもに学んでもらいたいです。
(さくらっこママさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,320円
1,320円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
1,188円
2,640円
550円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら