となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

はやかなさんの公開ページ

はやかなさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、男4歳 男2歳

はやかなさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こんなパン食べてみたい!  投稿日:2007/03/27
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
題名どおりのお話ですが、途中で出てくる、たくさんのかわったかたちのパンのページが息子は大好きです。
「今日はどれたべる?」
「こんなパン本当にあるかな?」
とお話は読まずにそこだけ見て楽しんでます。
わたしも、こんなパン食べていたいなあ。
そして、最後のページを読むと、「からすのパンやさん」どこかにあるかもしれないと、空を見上げてしまったりするんです。
あるわけないんですが・・・。
でも、童心を思い出させてくれるえほんです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これぐらいの余裕を・・・。  投稿日:2007/03/27
どろんこおそうじ
どろんこおそうじ 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
「ばばばあちゃん」シリーズです。
犬と猫に片付けを言い渡します。
しかし、掃除はいつのまにやら
どろんこ遊びに!
それを見たばばばあちゃん
「たのしそう!」
と泥遊びに参加。
それを見て、犬と猫は
掃除を再開!

子供達に毎日「片付けろ!」
といい、いつまでも、片付かない部屋にイライラしていますが、ばばばあちゃんぐらいの余裕をもって、日々過ごしたいと思っちゃいました。
絵本みたいにはいかないだろうけど・・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいせつな個性  投稿日:2007/03/21
かみさまからのおくりもの
かみさまからのおくりもの 作: ひぐちみちこ
出版社: こぐま社
赤ちゃんが生まれるときひとりひとりに、かみさまからの贈り物があります。
 よくわらう
 ちからもち
 うたがすき
 よくたべる
 やさしい   です。
このほかにもいろいろあると思いますが、大事な個性を神様があたえてくれたんだなあ。と読むたびに感じます。日頃子育てをしていると、「どうして、できないの。」「いつまで泣いてるの」など、ぐちってしまうことが多々あるのですが、この本を読むと、「この行動も個性なんだ!」と再確認し、大事にしようと、思うことができます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こころが、じ〜ん。  投稿日:2007/03/13
いつでも会える
いつでも会える 作・絵: 菊田 まりこ
出版社: 学研
主人公は「犬」。飼い主のみきちゃんが亡くなってしまうお話です。
幼稚園に勤めていたとき子供達に読んであげました。年中組でした。ゆっくりと心を込めて読み終えると、涙を浮かべている子もいました。
45歳のこどもには理解が難しい話でしょうが、「さみしい」気持ちは分かるんですね。
今度、うちの子にも読んであげたいのですが、読みながらないてしまいそうで・・・。
でも、読んであげなくては!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これは絵本?  投稿日:2007/03/13
チャレンジ ミッケ!(1) おもちゃ箱
チャレンジ ミッケ!(1) おもちゃ箱 作・絵: ウォルター・ウィック
訳: 糸井 重里

出版社: 小学館
「こどももおとなもあそべる」と書いてあったので、冬休みにいっしょに見ようと思って買ったのですが、はまりました!子供も大好きですが、私もおもしろいです。意地になって探してしまいます。やっと見つけたときは本当にうれしいですよ。
表現が難しくて、子供ひとりだと分かりづらいものもあるのですが・・・。
子供は何度も繰り返し見ているうちに全部覚えてしまいました。
子供の記憶力ってすごい!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんども、なんども。  投稿日:2007/03/01
まり
まり 文: 谷川 俊太郎
絵: 広瀬 弦

出版社: クレヨンハウス
単純な内容なので、次男のために借りてきたのですが、長男がはまり、何度も読んでいました。いろんな形になる「まり」がおもしろいです。字が読めるようになってきた長男には文字の少なさも、よかったのかもしれません。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット