なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

みゅいさんの公開ページ

みゅいさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女5歳 女1歳

自己紹介
2歳の娘のママです!!!
本が大好きな女の子で、暇さえあれば「ご本読もう」って持ってきます。
つい最近までは、「パパ〜、ママ〜、ご本〜」って起こされてたくらいです。。。
最近は、朝はおままごとやテレビを見ていることが多くなりましたが・・・

でもでも、本はこれからも毎日読み続けていくつもりです☆
好きなもの
何でもはまり出すと、とまらないので要注意!!

今は食べる事☆

ひとこと
このサイトも参考にさせてもらいながら、良い本を子供たちにたくさん読んであげたいです!!!

みゅいさんの声

155件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 興味津々★  投稿日:2009/12/03
したのすいぞくかん
したのすいぞくかん 作・絵: あき びんご
出版社: くもん出版
「したのどうぶつえん」に続く第二弾です。
どこから読んでも面白くて、5歳の娘は言葉遊びに興味津々!!

とくに、「いかいるか」で大爆笑。
ダジャレのような、言葉遊びでできている内容なので、ただでさえ舌足らずの娘が読むと、親までもが楽しい気分になれてしまいます

「したのどうぶつえん」に、はまりにはまった娘には、やはりこの本もビンゴ♪ 幼稚園児にはおすすめです〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこから読んでも楽しいですよ  投稿日:2009/12/03
したのどうぶつえん
したのどうぶつえん 作・絵: あき びんご
出版社: くもん出版
うえのどうぶつえんの下には、したのどうぶつえんがあった!

心惹かれる文章から始まるこの絵本★
動物園大好き、ダジャレ大好きの5歳の娘は、はまりましたよ〜
どのページから読んでも楽しいし、親しみやすいです。
字が読めるようになってきたお子さんにも読みやすい本だと思います。

あまりにもお気に入りの本になったので、「したのすいぞくかん」も先日購入しました!! こちらの本も、面白い〜  おすすめですっ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バターは虎から作られるの?  投稿日:2009/03/20
ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ 作: ヘレン・バンナーマン
絵: フランク・ドビアス
訳: 光吉 夏弥

出版社: 瑞雲舎
親の懐かしさのあまり購入した本です。

トラがバターになっちゃうところが面白いみたいです。
ケラケラと声に出して、笑っていますよ

本自体もカラフルで、子供達に好かれる本ではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外な展開に大喜び☆  投稿日:2008/11/13
あひるのたまご−ばばばあちゃんのおはなし
あひるのたまご−ばばばあちゃんのおはなし 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
なんだかいつもとちがうばばばあちゃんを見て
「病気じゃない」と心配したみんなが次々にお見舞いをもってやってきます!!!!
しかし、ばばばあちゃんは病気ではなく、実は・・・・

意外な展開に、4歳の娘は大喜び☆
あひるのたまごに喜び、そして最後のみんなでの団欒にも喜び、娘はニッコニコです
ばばばあちゃんシリーズの中でも1番好きみたいです♪
かわいい動物がたくさん出てくるし、ストーリーのテンポもとっても良いのでこのシリーズは、大のお気に入りです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 娘のために。。。  投稿日:2008/06/13
あさえとちいさいいもうと
あさえとちいさいいもうと 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
今度、妹が産まれておねえちゃんになる娘のために絵本を探していたときに出会いました。

こんとあきの大ファンだった娘は、もちろん、この本にもはまりました!!!
まるで、自分が主人公になったかのように楽しく読んでいます。
おかげさまで、妹を心配する気持ちは、十分伝わっているようで親としては大満足です。
最後にあさえがあやちゃんを抱きしめるシーンのイラストは、とっても感動的で大好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色彩がきれいですよ  投稿日:2007/12/08
ひゅるりとかぜがふくおかで
ひゅるりとかぜがふくおかで 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 幻冬舎
壮大な自然のサイクルを教えてくれる本です。

素敵な本ですが、食物連鎖という、内容が内容だけに、3歳児の娘にはまだ早かったようです。。。。
同作家の「うしろにいるのだあれ」の方が、娘的には好意をもってくれました。
食物連鎖を理解できる年齢に達した子供たちには、きれいな色彩で、イラストもはっきりと分かりやすいのでおすすめです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰の足跡?!  投稿日:2007/11/29
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
クリスマスの絵本というとこの本という気がして、早速本屋で購入しました! 

ストーリーは、雪合戦をしていたぐりとぐらが大きな足跡を見つけ、「誰の足跡かな?」と興味本位に探検し始めるところから始まります。さぁ、この足跡の正体は誰だったのかな??

この本は、ドキドキワクワクしながら読めるので、とっても楽しいです。おまけに、「カステラ」の匂いもただよってくるようで、この本を読み終えるとついつい甘いものが食べたくなってしまいます。。。  ぐりとぐらのシリーズは、どれを読んでも娘はすぐに気に入ってくれて、ずーっと読み続けてくれます。その中でも、この本は2番目に大好きな本らしいです。ちなみに、1番は「ぐりとぐら」らしいです。
とっても読みやすいし、子供にも受け入れられやすいのでお奨めの本です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふれあい☆  投稿日:2007/11/29
くまのこミンのおはなばたけ
作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ

出版社: ヴィレッジブックス
今回のお話は、ミンがお花畑を作ろうと、たくさんの種や球根を植えるところから始まります。そんな時、大きな穴をみつけてみんなで探検にでかけることになりました。さあ、その穴はどこに続いているのでしょうか?


優しいタッチのイラストで、お話の内容も兄と妹の温かいふれあいで、読み終えた時には心がほっとする感じがします。子供とゆっくり読書を楽しむには、とっても良い本ではないでしょうか? 今回では、もぐらさんの場面のかわいいイラストとお花畑のカラフルなイラストがお薦めです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ごろごろごろんご・・・・  投稿日:2007/11/29
ごろんご ゆきだるま
ごろんご ゆきだるま 作・絵: たむら しげる
出版社: 福音館書店
「ごろごろごろんご」とやってきて、「どすんどこんどたん」と重なって不思議な雪だるまの出来上がり!!

2歳までのお子さんにお奨めです。
雪だるまに心がある、とってもかわいい内容の本で、文章にも、響きがあってとってもほんわかやさしい気分なれますよ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 最終的には・・・まぁいいか!  投稿日:2007/11/29
リサとガスパールのローラーブレード
リサとガスパールのローラーブレード 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
1週間後の誕生日を楽しみにしているガスパール…でもその前にリサの誕生日が来て、ガスパールが欲しくて欲しくて仕方なかったローラーブレードをパパとママプレゼントされてしまった!!! 
さぁ大変☆
そのプレゼントをガスパールはなんと隠しちゃっいました・・・・


どうなのかなぁ、このストーリー。。。いつもは、茶目っ気あるいたずらだけど、今回のはちょっといきすぎのような・・・  確かに、大人から見れば多少面白みのある絵本だけれど、実際、子供に読み聞かせるには、悩んでしまう。。。  最終的には、いつものリサとガスパールの仲良し2人組みになってたから、今回は良しとしましょう。
参考になりました。 0人

155件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本レビュー大賞、結果発表です!

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット