おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

ちこっけさんの公開ページ

ちこっけさんのプロフィール

ママ・30代・、女2歳

ちこっけさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どこかなどこかな?  投稿日:2007/04/19
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
絵本の中のきんぎょを探すのが楽しい絵本です。子供も夢中になって、「こんどはどこ?」と読むと「ここ!」ってすかさず発見します。数が分かるようになると、きんぎょの数を数えたり・・と楽しみ方もいろいろ。本当に、買ってよかった絵本上位ランキングです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 乗せて乗せて〜  投稿日:2007/04/19
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
お子さんをひざの上に乗せて、「ガタンゴトン」とゆれの音に合わせて揺らしながら読んであげるとご機嫌になりました。「のせてくださーい」の部分が好きなようで、お気に入りのぬいぐるみを連れてきては、どんどん私のひざに乗せて行ったりして、楽しみました。かわいらしい絵本です。絵も分かりやすくて、低年齢の時期から楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝かしつける前の習慣に  投稿日:2007/04/19
もうねんね
もうねんね 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
毎日、「寝ようね」とお布団に誘って、寝室で読み聞かせていました。そのうち、この本を読んだら寝る!と分かったようで、寝かしつけもスムーズになりました。
本の内容は、いろんな動物や女の子がどんどん眠りについていきます。女の子の名前を、娘の名前に読み替えて、読んでいました。習慣づけにおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色あざややで音が楽しい  投稿日:2007/04/19
じゃあじゃあびりびり
じゃあじゃあびりびり 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
絵本の中の色がとにかく鮮やかで子供には分かりやすいと思います。音も、「じゃーじゃー」とか「ビリビリ」とか子供にも受け入れやすいし、お気に入りの本でした。絵本自体はコンパクトで材質もしっかりしてるので、本を口に入れてしまう時期でも安心です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う がーがー  投稿日:2007/04/19
かわいいあひるのあかちゃん
かわいいあひるのあかちゃん 作: モニカ・ウェリントン
訳: たがきょうこ

出版社: 徳間書店
アヒルのあかちゃんと、お母さんアヒルの微笑ましい日常の絵本です。絵もかわいくて、内容も読みやすいです。
「がーがーの絵本!」と気に入っているようです。
たくさんの赤ちゃんアヒルが連なって歩いている様子が実にかわいいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色・絵が綺麗  投稿日:2007/04/12
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
色・絵が綺麗なので、生後3ヶ月くらいから見せていました。最初は、色を見ているくらいだった娘も、だんだん反応するようになって、この絵本大好きです。話も分かりやすいし、このボードブックは子供にもめくりやすいので、長い間、見せることができます。少々、かじってしまっても大丈夫なのも魅力です。保育園に通常版の本がありますが、絵本の迫力は通常版の方がいいです。もちはこびや、小さな子供に見せたりするにはこちらの方がいいかな・・・どちらにしても、1冊持っているといい絵本ですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけのお客様  投稿日:2007/04/12
おばけのコンサート
おばけのコンサート 作・絵: たむら しげる
出版社: 福音館書店
音楽好きなおばけのところに、おばけのお客様がたくさん訪れて、それぞれ楽器で演奏会が始まります。
どんどん、にぎやかになって、コンサートへ!テンポがよくて、読んでいても楽しい絵本です。最近、「お化け怖い」と言い出した娘ですが、絵本を読んでいるうちに引き込まれて、楽しそうに聞いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 微笑ましい  投稿日:2007/04/12
それはすごいなりっぱだね!
それはすごいなりっぱだね! 作: いちかわ けいこ
絵: たかはし かずえ

出版社: アリス館
いろんな生き物・動物の成長を「なんになるの?」という主人公の犬が聞いて、「すごい!りっぱ!」と感動する物語です。おたまじゃくしは??、虫は?、ねこは??、自分は・・・・とオチもしっかりあって、楽しく読めました!この本のおかげで、誰かを褒める事を覚えたようで、よかったと思います。絵もかわいらしくて、おすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ♪つみきバス♪  投稿日:2007/03/30
つみきバス
つみきバス 作・絵: いのうえまこと
出版社: あかね書房
積み木を作って、何ができるかな・・・と想像を膨らまられるように読んであげると、「きりん!」とか子供の反応もよかったです。また、楽譜はついていませんが、台詞が歌のようになっているところがあるので、自作でメロディーをつけてあげて(てきとうですが・・・)うたってあげると、体でリズムをとって楽しんでいました。参加型のいい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 四季おりおり  投稿日:2007/03/30
みんなおともだち
みんなおともだち 作・絵: いざわ ようじ
出版社: ポプラ社
春といえば・・・、夏といえば・・・、秋といえば・・・、冬といえば・・・と四季おりおりの様子が絵でかわいらしく描かれていて、子供にも馴染みの深いとこが取り上げられているので、分かりやすいようです。それぞれの季節にでてくる絵を見ては、それに関連する歌を歌いだしたりして娘なりに楽しんでいます。
子供にも、四季を感じる事ができるいい本だと思います。
参考になりました。 0人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット