新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

元気の素さんの公開ページ

元気の素さんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女6歳 男3歳

元気の素さんの声

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 一生懸命は気持ちが良い!!  投稿日:2003/01/15
マイク・マリガンとスチーム・ショベル
マイク・マリガンとスチーム・ショベル 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
どの本でもですが、バートンの時代の移り変わっていく書き方の上手なこと!
いつも一生懸命だったスチームショベルが、新式のショベルの進出によって用無しとなり、働き場所を探して皆に見られながら穴掘りを一生懸命頑張っちゃう気持ちの良いお話。
マイクはショベルの持ち主。とっても愛しあっているの。
いつもは長いお話だと飽きてしまう息子も、乗り物にはまったく興味のない娘も最後までじっとだまって、時にはどうなるんだろうとのどをゴクンとさせて最後まで聞いていました。最後に結末を知ったとき、みんな「良かったね」と優しいお顔でした。
本当に一生懸命働くことって気持ちがいい!働く場所のあることってすばらしいこと!!と思わせてくれた気持ちの良くなる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 20年以上も愛してます。  投稿日:2002/12/07
大型絵本 ひとまねこざるときいろいぼうし
大型絵本 ひとまねこざるときいろいぼうし 作・絵: H.A.レイ
訳: 光吉 夏弥

出版社: 岩波書店
私がこれを最初に読んだのは、小学生のとき。父親に連れて行ってもらった図書館で読みました。それからずーっと好きです。お話もこどものように無邪気で、何をしでかすかわからないはらはらどきどきの連続です。また、挿絵も温かくて大好きな絵本です。
もう、20年以上も大好きな本を自分の子供に読み聞かすことができて、とっても幸せに思っています。
聞いている子供の楽しそうな顔を見ると、私もこんな顔をしていたのかなぁと思ってしまいます。
この本を、娘が大きくなって、娘の子供に読んであげた時、またきっとその子も同じ顔をして笑うのでしょうね・・・。それって、とっても素敵なこと!!
この本は、みんなに幸せをくださる本だ!と、私は思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私にとって都合の良い絵本!  投稿日:2002/12/07
ノンタン!サンタクロースだよ
ノンタン!サンタクロースだよ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
この本には、とても助けられました。親にとってはどのようにして子供にサンタのプレゼントを渡すか・・・とっても大きな問題!(うちは、サンタは子供の寝ている枕元にプレゼントを・・・)でも、この本にはとってもいいことが書かれているのです。
ノンタンは、サンタさんを探しによる外へ出ます。でも、見つけたサンタはみんな違うサンタばかり。寝ているウサギさんにはウサギサンタ。寝ているくまさんの所にはくまサンタ。のんたんのねこサンタになかなかあえず、疲れてお外で寝ちゃうの。すると、ねこサンタがやってきて・・・
「ねんね、ねんね、ねんねんねん。ねたら、サンタはやってくる。」
サンタさんに今年こそ会うぞ!と、なかなか寝てくれないわが子には、このページで寝ることを納得させます。「寝るとサンタがやってくるんだよ!寝ないこのところには、なかなか来ないよ!さあ、早く寝ようね!!」
私の都合だけでなく、もちろん子供たちも大好き!世界には、いろいろなサンタさんがいるんだぁ〜。ノンタンにはねこサンタ。わたしには、どのサンタさんかなぁ〜と、本を見つめ探しています。みんなのもらったプレゼントを見て、自分がもらうであろうプレゼントをあれこれ想像しています。
とってもかわいくて、とっても夢のあるノンタンとサンタさんのお話です。親子で大好きなクリスマスの本の1冊です。
さて、今年もこの本で早く寝てもらいましょう!!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 暖かな気持ちになれます  投稿日:2002/12/06
ゆきのひのうさこちゃん
ゆきのひのうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
これは、うさこちゃんシリーズの中でも私のお気に入りの本です。
雪の日にうさこちゃんがどうやってすごしていたかが淡々とかかれてあります。
そりすべり、スケート、ゆきだるま。ついには寒そうな小鳥のために一緒に泣いてあげて、頑張って小鳥のおうちを作ってあげるの!!(う〜っ、泣ける〜!!)
やさしいね。きもちがいいね。
暖かな気持ちにさせてくれます。
こどもに読んであげたあとは、こどもも「よかったね。」と優しい顔になっています。おやすみ前に読んであげると、すぅーっと寝ていきます。
読んだ私も、きっとやさしい顔になっていることでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなパパがうらやましぃ〜!  投稿日:2002/12/06
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
娘のモニカがパパに「パパ、お月様とって」と言うの。すると優しいパパは長〜〜〜いはしごを持ってきてとろうとするの。でも大きくて取れないの。三日月になるのを待って、待って、待って、ようやく取ってもらえるの。
もう、ここまでで感動します。なんて優しいパパ!なんて気の長いモニカ!待っている間、モニカはどんなことを想像しながら待っていたんだろうと思うと楽しい気持ちになれます。
とってもらってからは、お月様と遊び、ダンスをして、思いっきり楽しみます。本当に楽しいんだろうな〜。音楽や笑い声が聞こえてきそうです。
また、絵本を飛び出した紙面の大きさの仕掛けに子供たちの目が釘付け!これは、何回見ても釘付け!!お月様の力かな。
月を見るたび、うちの娘が言います。「母さん、お月様とって」と。私は言います。「そういうことは、お父さんに言いなさい!!」
だって、私もとって欲しいんだもん!!そんなやさしいところをみせてよねっ!!父さん!!!
モニカはきっと、ず〜っとずぅ〜っとこのことを忘れないでしょう。一緒に踊ったお月様のことも、優しいパパのことも・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クリスマスのプレゼントは・・・  投稿日:2002/11/29
マドレーヌのクリスマス
マドレーヌのクリスマス 作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
マドレーヌシリーズのクリスマス編!
寄宿舎のみんなが病気で寝込んじゃうのに、マドレーヌだけが元気でみんなのお世話をしているの。そこに謎のじゅうたん商人。でも実は魔術師だった!!マドレーヌが魔術師に優しくしてあげたお礼に、魔術師はみんなにクリスマスプレゼントを!
寄宿舎にずっと住んでいると、飛び切りのプレゼントと言えばやっぱりパパとママの笑顔なんだなぁと、変なところで感動を覚えてしまいます。ものでもお金でもない、家族の愛が子供には必要なんだと日ごろの自分を反省してしまう1冊です。(私にとっては!!)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなで楽しくたわむれよう  投稿日:2002/11/29
しんぶんとだんす
しんぶんとだんす 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
最近、うちの庭にはぴゅうぴゅう木枯らしが吹きます。(高台に家があるので・・)そこで、この本のように新聞を一枚持って立ってみると・・本と本と、新聞とダンスしている!でも、ダンスって言うより、反抗期のこどもを押さえつけようとしている私みたい〜っていうかんじ。
すごくぴゅうぴゅうの日でないと、こんな風には行かないけれど、なんだか楽しい。新聞にもてあそばれているようです。でも、新聞から手を離してはいけませんよ。とんでもなく遠くまで飛んでいってしまいます。本に出てくる友達のように、ちゃんと持って帰りましょう。
慣れ親しんださとうわきこさんの絵もやっぱり好きです。
小さい子供さん向けかもね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何回開いても飽きない  投稿日:2002/11/29
かばんうりのガラゴ
かばんうりのガラゴ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
まるで仕掛け絵本のように、それぞれのページにちょっと待って!という箇所があります。
とってもかわいいキャラクターと、それを支えるグッズたち。本当に夢のある世界です。
こんなかばんがあったらいいね。とか、こんなところに、この子が歩いているよ。とか。話的にはそんなに長くないのですが、おやすみ前の本にすると、楽しんじゃってなかなか寝てくれなくて困ります。
動物園に行ったとき、子供が「あっ、ガラゴだ!」と叫びました。本当にガラゴって、こんな顔しているんですね。かばんは持っていなかったけれど・・・。
この本を開くときは、親子ともども時間に余裕のある休日のお昼間にしています。(このひとのほんはどれも・・)
でも、私だけ子供が寝た後、一人でコーヒーを飲みながら楽しんでいます。
親子ともども、大好きな本のひとつです!
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ともだちっていいね。  投稿日:2002/11/29
うちにかえったガラゴ
うちにかえったガラゴ 作・絵: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
旅から疲れて帰ってきたガラゴの家に、続々とお友達が訪ねてきます。まるでずっと待っていたかのように。
そこで、みんなと入る泡のお風呂。気持ちいいよね。ホッとするね。みんな、ガラゴのことが大好きなんだね。
ガラゴは本当に良いお友達を持って幸せだね。と思います。
いつもの調子のかわいい絵と仕掛け絵本のようなキャラとグッズたち。でも、今回は、他人に対する思いやりの心も考えさせられるようなお話になっていると思います。
娘が自分のおこずかいで買った最初の絵本です。
最後にほかの子達から遅れてたずねてきたバムケロも大好き!!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 探してます。カラスのパン屋さん!  投稿日:2002/11/27
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
私はパンが大好き!もちろん子供たちも!!
カラスのパンやさんがとっても忙しくて焼いてしまった失敗作の「生焼けパン」や「くろこげぱん」も食べてみた〜い。
だって、本の中では、からすのこたちがとってもおいしそうに食べているんだもの。
本の中に、いっぱいのパンがぎっしり書かれているページがあります。そこにきたら、先に進まない!進まない!!私はこれがいい。いやいやこっちがおいしそう。と、いつまでたってもパンを選べずあれこれ迷ってしまいます。(決めたところで、食べれるわけではないのに・・)
近くにカラスのパン屋さん、ありませんか?
あったら是非買いに行きたいなぁと本を開くたびに思ってしまいます。誰か知っていたら、情報を是非!!
参考になりました。 0人

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    ♪ゆきや こんこ あられや こんこ…。はたこうしろうが描く雪景色が美しい絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット