まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

nami.sさんの公開ページ

nami.sさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子13歳 男の子7歳 男の子6歳

nami.sさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お腹が空きます♪  投稿日:2014/04/29
もりのへなそうる
もりのへなそうる 作: わたなべ しげお
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
子どもの頃に大好きで、何度も何度も読んだ本です。
以前実家から、長男にと持ち帰りました。
その頃はまだ小さくあまり興味を示しませんでしたが、
小学生になり、自分から読んだ様で「面白いよねー!」と言っています。

大人になった私が読んでみても、やっぱり面白い!
兄弟とへなそうるの掛け合いも可愛いですが、
地図とお弁当をリュックにつめて探検に出かける、ワクワク感が伝わってきます。

そして何より、お母さんが持たせてくれるお弁当の美味しそうなこと!!

子どもの頃に感じたことを、大人になっても思いました(苦笑)
イチゴとハチミツのサンドイッチ、たらこおにぎり。
私も持って冒険に行きたい!と何度思ったか…。
冒険は叶いませんでしたが、サンドイッチは作ってもらった記憶があります。
今度本を読んだ息子に作ってあげようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かたつむりのページでにやり  投稿日:2014/04/29
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
とても分かりやすい絵本なので
2歳の次男と一緒に7ヶ月の三男にも見せていますが
2人ともじ〜っと見ています。

そして次男はかたつむりのページがお気に入りで
必ずニヤッと笑います。
◯◯がぴよーんというフレーズがリズムよく続くのですが
1ページだけかたつむりで崩れるのが、とても楽しいようです。

最近では、まだ飛べないので片足をあげて「ぴよーん!ぴよーん」と飛ぶ真似をしています。
読んでいるこちらも、思わず飛び跳ねたくたくなる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい言葉とイラストです  投稿日:2014/04/29
いいおかお
いいおかお 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
7ヶ月の息子にと思い、購入しました。
2歳児も一緒に聞いています。

優しい言葉と可愛らしいイラストで
温かい気持ちにさせてくれます。
きっと読んでいる私の声も、ほかを読んでいるときより
優しい声になっているはず。
赤ちゃんにピッタリの1冊と思います。

同シリーズで、絵も同じ画家さんの本が他にもあるので
三男が赤ちゃんのうちに揃えたいと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文字は少ないですが…楽しい!  投稿日:2014/04/23
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
次男に購入しましたが、大好きな絵本になりました。
1日で何度もリクエストが入ります。
小3の長男も、保育園で何度も読んで気に入っており、
我が家に届いた日にも、「なつかし〜い!」と早速読んでいました。

文字は少なく、「逃げた」と「どこ?」の繰り返しだけですが
ページをめくるたびに、きんぎょを見つけて指さし。
子どもが指差しをせずに私が次をめくると、
また前のページ戻されるほど。
お話と発見をセットで楽しんでいるようです。

まだ赤ちゃんの三男も、カラフルな絵に
じーっと見入っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊びながら読んでいます  投稿日:2014/04/22
ノンタンじどうしゃぶっぶー
ノンタンじどうしゃぶっぶー 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、それまで絵本は破ったりかじったりする物だった次男が
読み聞かせできるきっかけになった本です。

そこで少し簡単かなと思ったものの、車に興味を示していたので
赤ちゃん版のこちらを購入しました。

簡単で読みやすいからか、小学三年生の長男が
弟達に読んであげています。

読むとあっという間に終わってしまうのですが、
車が走る線をなぞったり、
競争しているページではうさぎさんやくまさんなど、
誰の車かを、前のページに戻って見つけたりして
楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぞわっとします  投稿日:2014/04/15
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
夜なかなか眠らない次男のために購入しました。

おばけを怖がって、早く寝るかなーと思っていましたが…
「もう一回!」と怖がることなく、リクエスト。
逆に、怖い話が苦手な私が、読むたびぞわっとしてしまうお話です。

保育士をしていた姉に聞くと、
やっぱり平気な子どもも多かったそうで。
小さな子に分かりやすいフレーズが良いのか、
おばけの絵が可愛いからか
とっても人気の一冊だったとか。

2歳になったばかりの次男も
まだおばけが怖いということが分からない様で…
お気に入りの一冊に。
結局夜更かしのまま、毎回私だけがぞわぞわしながら読んでいます(苦笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度でも。飽きません!  投稿日:2014/04/13
ごあいさつあそび
ごあいさつあそび 作: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
長男が小さな頃に気に入っていた絵本で、
歳の離れた次男もお気に入りの1冊に。
7年越しに我が家で復活し、
何度も何度も繰り返し読んでいます。

とんとんとん こんにちはー!というフレーズの繰り返しや
動物がおじぎをするしかけが、簡単でとても分かりやすいようで
読み終わってすぐに「もう一回!」とリクエスト。
飽きるのとなく、これが数回続きます。

最近では、こんにちはーと一緒に言える様になり
読んであげて良かったと思っています。

次男と年子の三男にも、ぜひ読んであげたい1冊ですが
読み過ぎてもうボロボロ。
買い直しを考えています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしい気持ちに  投稿日:2014/04/06
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
書店で見かけ、このサイトでオススメされていたのを思い出し、
迷わず購入しました。6ヶ月の三男に。

読んでみると、なんとも言えず懐かしい気持ちになりました。
それもそのはず、初版は自分が産まれる前。
自分も子どもの頃に読んでもらったんだろうなと、
温かい気持ちになりました。

そんな懐かしい気持ちになる本はいくつかありますが、
この本の優しい絵柄にも
心がほっこりさせられる魅力があると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カラフルで赤ちゃんも。  投稿日:2014/04/03
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
もうすぐ2歳になる次男のために購入したのですが、
カラフルな色合いが赤ちゃんの興味をそそるのか、
6ヶ月の三男もじ〜っと見ています。
私もこの絵本のイラストが大好きです。

こちらのボードブックを選んだのは、破れにくい点を重視して。
実はつい最近まで、次男にとって絵本は破る物・かじる物で
所有していた本はほとんどボロボロになってしまいました。
やっと読み物として扱う様になりましたが、まだまだ扱いが荒いので、
迷うことなくこちらを選びました。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット